「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」の版間の差分

あらすじと登場人物の紹介を追記。
(allcinema、KINENOTE、IMDbの情報をもとに新規作成。)
 
(あらすじと登場人物の紹介を追記。)
|次作=
}}
『'''サルトルとボーヴォワール 哲学と愛'''』(サルトルとボーヴォワールてつがくとあい、''Les amants du Flore'')は[[2006年の映画|2006年]]の[[フランスの映画|フランス]]の[[テレビ映画]]。20世紀を代表する[[哲学者]][[ジャン=ポール・サルトル]]と、その[[伴侶]]生涯のパートナーで女性論の古典『[[第二の性]]』を著した[[シモーヌ・ド・ボーヴォワール]]の愛と苦悩を描いた[[伝記]]映画である<ref>{{Cite web|url=http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102389/|title=サルトルとボーヴォワール 哲学と愛|publisher=[[WOWOW]]|accessdate=2013-05-25}}</ref>。
 
テレビ映画として制作され、本国フランスをはじめ、いくつかの国でテレビ放送されたが、日本では劇場公開された。
 
== ストーリー ==
[[シモーヌ・ド・ボーヴォワール|ボーヴォワール]]を主人公に、[[ジャン=ポール・サルトル|サルトル]]との出会いから、サルトルとの[[契約結婚]]と[[自由恋愛]]、米国の作家[[ネルソン・オルグレン]]との恋とその破局、代表作『[[第二の性]]』出版などのエピソードを通じ、サルトルとのパートナー関係を描く。
{{要あらすじ}}
{{seealso|シモーヌ・ド・ボーヴォワール#来歴}}
 
== キャスト ==
*[[シモーヌ・ド・ボーヴォワール]] - [[アナ・ムグラリス]]: 作家、哲学者。
*[[ジャン=ポール・サルトル]] - [[ロラン・ドイチェ]]: 作家、哲学者。
*[[ネルソン・オルグレン]] - [[カル・ウェバー]]: 米国人作家。ボーヴォワールの恋人。
*フランソワーズ・ド・ボーヴォワール - [[カロリーヌ・シオル]]: ボーヴォワールの母親。
*ジョルジュ・ド・ボーヴォワール - [[ディディエ・サンドル]]: ボーヴォワールの父親。
*[[ポール・ニザン]] - [[ヴラジスラフ・ガラルド]]: 作家、哲学者。サルトルの親友。若くして戦死する。
*ローラ - [[レティシア・スピガレッリ]]: ボーヴォワールの親友。母親に結婚を強要され、若くして亡くなる。
*ルミ - [[クレマンス・ポエジー]]: ボーヴォワールの教え子で恋人。後にサルトルの「家族」となる。
*ティッセン - [[ジュリアン・ボンガルトネ]]: サルトルの教え子。ルミと結婚し、サルトルの「家族」となる。
*タニア - [[サラ・スターン]]: サルトルの恋人で「家族」。
*マリーナ - [[ジェニファー・デッカー]]: ボーヴォワールの教え子。ユダヤ人青年を恋人に持つ。
*[[アルベール・カミュ]] - [[ロベール・プラニョル]]: 作家。サルトルとボーヴォワールの友人。
*[[フランソワ・モーリアック]] - [[フィリップ・バルディ]]: 高名な作家。
*[[シャルル・デュラン|ネルゴン]] - [[ユベール・ドゥラットル]]: 舞台演出家。サルトルの友人。
 
== 参考文献 ==
[[Category:2006年の映画]]
[[Category:フランスの伝記映画]]
[[Category:フランスのLGBT関連映画]]
[[Category:テレビ映画]]