「玉井兄弟」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''玉井兄弟'''(たまいきょうだい)は日本のライト兄弟と言われた飛行機兄弟民間飛行機の草分けの...')
 
'''玉井兄弟'''(たまいきょうだい)は日本の[[ライト兄弟]]と言われた[[飛行機]][[兄弟]]。[[民間]][[飛行機]]の草分けの時代に活躍した。現在の[[三重県]][[四日市市]][[諏訪栄町]]の出身で、四日市市内で飛行機の自作に取り組んだ。第2小学校(現在の四日市市立浜田小学校)の校庭をしようして飛行機の組み立てをした記録が残っている。<ref>大樹育つ百年四日市市市制100周年記念117頁1行目~2行目</ref>
==玉井清太郎(たまいせいたろう)==
*[[1892年]](明治25年)-)-[[1917年]](大正6年) 大正時代に活躍した民間の飛行家。
*[[1892年]](明治25年)[[6月11日]]生まれ。玉井藤一郎の兄。[[1916年]](大正5年)に[[東京府]]の羽田の穴守に[[日本飛行学校]]を設立(のちの羽田飛行場)を創設して初代校長となった。技術者と飛行士の育成に努めた。大正6年日本初の3人乗りプロペラ機「玉井式3号機」を製作した。同年の[[5月20日]]に[[東京市]]の中心部を訪問する飛行中に着陸する寸前で芝浦海岸で[[墜落]]死した。25歳の若さで亡くなり、航空界の新犠牲と云うニュースが全国を駆け巡った。三重県四日市市出身。<ref>大樹育つ百年四日市市市制記念117頁8行目~15行目</ref>
==玉井藤一郎( たまいとういちろう)==
*[[1894年]](明治27年)-[[1978年]](昭和53年) 大正時代-[[昭和時代]]の民間飛行家。
62

回編集