「紙吹雪」の版間の差分

概要→利用
(概要→利用)
'''紙吹雪'''(かみふぶき)は、祝い事で祝福される人物・団体を称えたり、あるいはイベントの盛り上げやドラマ・演劇などの場面展開で使用される小[[道具]]のことである。一般には色紙(いろがみ)を細かく四角形や三角形に裁断したものが使用されている。
 
== 概要利用 ==
祝い事では[[風船]]、[[紙テープ]]と一緒に[[くす玉]]の中身として詰め込むことが多く、スポーツ大会の優勝者(チーム)、選挙戦の当選祝い、あるいはテレビの[[クイズ番組]](特に視聴者参加番組)やオーディション番組や歌合戦番組、さらにゲーム番組などで優勝や合格等を祝福する時に紙吹雪が多用されたことがある(番組によっては天井から紙吹雪が降るパターンもある)。近年はくす玉に代えて機械式の[[クラッカー (パーティーグッズ)|クラッカー]]([[カノン砲|キャノン砲]])に詰めたものが使用されることも多い。テレビ番組で紙吹雪を始めたのは[[NHK紅白歌合戦]]である。
 
39,703

回編集