「松村憲章」の版間の差分

→‎来歴・人物: 情報の整頓、wikify
(Yy719 (会話) による ID:48060242 の版を取り消し)
(→‎来歴・人物: 情報の整頓、wikify)
 
==来歴・人物==
[[徳島県立徳島商業高等学校|徳島商業高校]]から[[1969年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1969年ドラフト会議]]で[[東京ヤクルトスワローズ|アトムズ]]から10位指名を受け入団。[[第41回選抜高等学校野球大会|春の選抜]][[太田幸司]][[青森県立三沢高等学校|三沢高]]→[[大阪近鉄バファローズ|近鉄]])、[[西井哲夫]][[宮崎県立宮崎商業高等学校|宮崎商業高]]→ヤクルト)とともに高校球界三羽ガラスとして鳴らした、速球とカーブが身上の本格派。
他にシュートボールを武器にした。ヤクルトに入団してから3年間はストレート1本で通してきたが、4年目からは3種類のカーブをマスターした。
 
他にシュートボールを武器にした。ヤクルトに入団してから3年間はストレート1本で通してきたが、4年目からは3種類のカーブをマスターした。他にシュートボールを武器にした。
[[1979年]]に[[引退]]。
 
[[1971年]]、[[イースタン・リーグ]]での[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]戦で、[[100メートル競走|100m走]]日本記録保持者のプロ野球選手として名を馳せた[[飯島秀雄]]の公式戦唯一の[[打席]]の対戦相手となり、飯島を三球[[三振]]に仕留めている<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_april/KFullNormal20080407142.html 【4月13日】1969年(昭44) 世界初の代走屋・飯島秀雄 デビュー戦で初盗塁(野球) ― スポニチ Sponichi Annex 野球 日めくりプロ野球4月]2011年9月3日閲覧</ref>。
 
[[1979年]]に[[引退]]。
 
==詳細情報==
匿名利用者