「市川團十郎」の版間の差分

加筆, 書式, 曖昧回避記事化, etc.
(加筆, 書式, 曖昧回避記事化, etc.)
團十郎と関わりの深い名跡に[[市川海老蔵]]がある。前期の市川團十郎には團十郎 → 海老蔵と[[襲名]]する例が目立ち、後期にはこれが逆転して海老蔵 → 團十郎と襲名する例が目立つようになる。
 
代の十二代目團十郎が最初に襲名したのが[[市川新之助]]、その子で当代の海老蔵がが最初に襲名したのも市川新之助だったため、市川宗家では新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが市川宗家の通例だと誤解されがちだが、実際にかつて新之助を名乗った者がのちに團十郎を襲名したのは、この十二代目の他には七代目と八代目があるのみである(詳細は「[[市川海老蔵]]」の項を参照)。
 
なお團十郎の名跡はその圧倒的な存在感とは裏腹に、代々のうち半数が何らかの形で非業の最期を遂げていることでも知られている。すなわち、初代は舞台上で共演の役者によって刺殺され(満44歳)、三代目は公演先の大坂で病を得て江戸には戻ったものの2か月後に死去(満21歳)、六代目は風邪をこじらせて急死(満21歳)、八代目は公演先の大坂で謎の自殺を遂げ(満31歳)、十一代目は團十郎襲名後わずか3年半で病死(満56歳)、そして十二代目が9年間に及ぶ壮絶な闘病もむなしく力尽きたことは記憶に新しい(満66歳)。代々の墓は[[青山霊園]]にある。
代々の墓は[[青山霊園]]にある。
 
== 市川團十郎代々 ==<!--すべての歌舞伎役者の名跡の記事で、一段目に名跡、二段目に続柄・生没年・師弟関係・実父など、三段目に襲名歴、と書式を統一しています。どうかご了承ください-->
== 市川團十郎代々 ==
<!--*重蔵
: 初代團十郎の父。祖先は[[甲州]]武士の出身で[[北条家]]の家臣とされ、北条家の滅亡後は[[下総国]]で[[郷士]]となったとする説があるが明確ではない。重蔵の代に土地を処分し江戸へ出た 以上市川家公式サイトより要約(住所は和泉町とも)。面疵(つらきず)の重蔵、菰(こも)の重蔵の異名をもつ。重蔵が[[非人]]出身とする説もあり、そこから菰(=[[乞食]])と呼ばれたのだともいう。--><!-- 本項は歌舞伎の「市川團十郎」の名跡について。初代の父は歌舞伎役者でも團十郎でもないので、割愛するべきかと。-->
* [[市川團十郎 (初代)|初代 市川團十郎]]
** 役者堀越重蔵の長男、1660–1704。<!--[[立役|荒事]]芸を創始。作者名[[三升屋兵庫]]。-->
** 初代[[市川海老蔵]] → 初代市川團十郎
** [[立役|荒事]]芸を創始。
* [[市川團十郎 (2代目)|二代目 市川團十郎]]
** 初代の長男、1688–1758。
** 初代[[市川九蔵]] → 二代目市川團十郎 → 二代目市川海老蔵<!--[[穢多頭弾左衛門]]の支配から脱却する。-->
** [[荒事]]芸の完成。[[助六]]の元になった演目と[[毛抜 (歌舞伎)|毛抜]]初演。
* [[市川團十郎 (3代目)|三代目 市川團十郎]]
** 二代目の養子、1721–17421721–42。実父は二代目の高弟の[[三升屋助十郎]]。
** 初代市川升五郎 → 三代目市川團十郎
** 将来を嘱望されていたが22歳で病死。
* [[市川團十郎 (4代目)|四代目 市川團十郎]]
** 二代目の養子<!--(あるいは実子)--><!-- 養子であることにかわりはありません -->1711–17781711–78。実父は[[芝居茶屋]]の和泉屋勘十郎、あるいは二代目團十郎
** 初代[[松本七蔵]] → 二代目松本幸四郎 → 四代目市川團十郎 → 二代目松本幸四郎 → 三代目[[市川海老蔵]]
* [[市川團十郎 (5代目)|五代目 市川團十郎]]
** 三代目松本幸四郎 → 五代目市川團十郎 → 三代目松本幸四郎 → [[市川蝦蔵]] → 成田屋七左衛門(隠居名)→ 初代[[市川白猿]](舞台復帰後)
* [[市川團十郎 (6代目)|六代目 市川團十郎]]
** 五代目の子、1778–17991778–99
** 四代目市川海老蔵 → 六代目市川團十郎
** 風邪をこじらせて22で急死。
* [[市川團十郎 (7代目)|七代目 市川團十郎]]
** 五代目の孫で六代目の養子、1791–1859。<!--[[歌舞伎十八番]]を選定。-->
** 初代[[市川新之助]] →(五代目)市川ゑび蔵 → 七代目市川團十郎 → 五代目市川海老蔵 → 成田屋七左衛門(蟄居謹慎時)→ 幡谷重蔵(旅回り)→ 二代目市川白猿
** [[歌舞伎十八番]]を選定。四代目鶴屋南北と組み「色悪」の確立。天保の改革による江戸からの追放(後復帰)。
* [[市川團十郎 (8代目)|八代目 市川團十郎]]
** 七代目の長男、1823–18541823–54
** 二代目市川新之助 → 六代目市川海老蔵 → 八代目市川團十郎 → 三代目市川白猿
** [[与話情浮名横櫛|切られ与三]]初演。32歳で自殺。
* [[市川團十郎 (9代目)|九代目 市川團十郎]]
** 七代目の五男、1838–1903。<!--「劇聖」と呼ばれる。-->
** 三代目[[河原崎長十郎]] → 初代[[河原崎権十郎]] → 七代目[[河原崎権之助]] → [[市川三升|河原崎三升]] → 九代目市川團十郎
** 「劇聖」と呼ばれ、[[團菊左時代]]を築く。[[活歴]]等の[[演劇改良運動]]。[[新歌舞伎十八番]]制定。
* [[市川團十郎 (10代目)|贈十代目 市川團十郎]]
** 九代目の婿養子(長女・[[市川翠扇|二代目市川翠扇]]の夫)、1882–1956。実父は日本橋履物商で後に東京市議となった稲延利兵衛。<!--銀行員から役者に転身。-->
** 堀越福三郎 → 五代目[[市川三升]] → 贈十代目市川團十郎(告別式で追贈)
** 実父は履物商後東京市議の稲延利兵衛。銀行員から役者に転身。
* [[市川團十郎 (11代目)|十一代目 市川團十郎]]
** 十代目の養子、1909–19651909–65。実父は[[松本幸四郎 (7代目)|七代目松本幸四郎]]。
** 初代[[松本金太郎 (歌舞伎)|松本金太郎]] → 九代目[[市川高麗蔵]] → 九代目市川海老蔵 → 十一代目市川團十郎
* [[市川團十郎 (12代目)|十二代目 市川團十郎]]
== 外部リンク ==
* [http://www.naritaya.jp/ 成田屋 市川團十郎・海老蔵公式サイト]
<br clear="all">
 
{{人名の曖昧さ回避}}
{{DEFAULTSORT:いちかわ たんしゆうろう}}