「辻竜太郎」の版間の差分

出典のない記述を除去。
(出典のない記述を除去。)
[[箕面市]]で生まれ、父親が[[中日ドラゴンズ]]に在籍していたことから「竜太郎」と名付けられた。父の影響で4歳頃から[[野球]]を始め、[[箕面市立第六中学校|箕面第六中]]では[[投手]]を務めていた<ref name="yomiuri_20091011">[http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/feature/nagano1197600876655_02/news/20091010-OYT8T01106.htm 読売新聞、2009年10月11日付朝刊、長野地方面]</ref>。中学3年の時に[[第73回全国高等学校野球選手権大会|選手権大会]]での[[上田佳範]]の活躍を見て、[[松商学園高等学校|松商学園]]への進学を決めた<ref name="yomiuri_20091011"/>。高校では[[外野手]]に転向して1年夏から四番を務め<ref name="yomiuri_20091011"/>、2年夏には[[第75回全国高等学校野球選手権大会|選手権大会]]に出場。初戦で[[長崎日本大学中学校・高等学校|長崎日大]]と対戦し、[[中村隼人]]から9回に長打を放って同点への足がかりを作った<ref>[http://www2.asahi.com/koshien/game/1993/400/8009/ 第75回全国高校野球選手権大会 長崎日大 対 松商学園]</ref>ものの、延長の末に敗れた。
 
[[明治大学野球部|明治大学]]では[[小笠原孝]]と同級生で、3年春には主軸としてスタメンに定着<ref>朝日新聞、1997年4月4日付朝刊、P.25</ref>。3年秋には[[立教大学硬式野球部|立教大学]]の選手を試合中に殴打して出場停止処分を受けた。4年時には[[主将]]を務め、春季[[東京六大学野球連盟|リーグ戦]]ではリーグ3位の[[打率]].367をマークして初のベストナインに選ばれ<ref>朝日新聞、1998年6月1日付朝刊、P.19</ref>、優勝に大きく貢献した。同年の秋季リーグでも打率.311でベストナインに選出されている。4年間でリーグ通算81試合に出場し、307打数86安打、打率.280、4本塁打、39打点の成績を残した。
 
大学卒業後は[[ヤマハ硬式野球部|ヤマハ]]に進み、1年目の{{by|1999年}}2月にはアマチュア全日本候補選手として[[読売ジャイアンツ|巨人]]の[[キャンプ (日本プロ野球)|キャンプ]]に参加し、[[長嶋茂雄]]監督から直接打撃の指導を受けている<ref>読売新聞、1999年2月3日付朝刊、P.21</ref>。同年の[[第70回都市対抗野球大会|都市対抗]]では若獅子賞を受賞した。翌{{by|2000年}}は[[第71回都市対抗野球大会|都市対抗]]で2試合連続本塁打を放ち、初の[[社会人ベストナイン]]に選ばれている。{{by|2001年}}の[[2001年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト会議]]で[[オリックス・バファローズ|オリックス]]から8巡目で指名を受け入団。契約金、年俸はそれぞれ2,000万円、600万円(いずれも推定)だった<ref>読売新聞、2001年11月30日付朝刊、P.18</ref>。
6,692

回編集