「フザリウム」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
=== マイコトキシン ===
フザリウムのいくつかの種はマイコトキシンを産生する。おもなものには、[[トリコテセン]]系マイコトキシン(デオキシニバレノール、ニバレノール、[[T-2トキシン]])、 ゼアラレノン、フモニシン、ブテノライドなどがある。
 
トリコテセン系マイコトキシンは、汚染された穀物を摂取することにより、食中毒性無白血球症(ATA)と言われる中毒症状(悪心、嘔吐、腹痛、下痢、造血機能障害、免疫不全など)を起こす。ゼアラレノンは女性ホルモン様作用を持ち([[環境ホルモン]])、家畜に不妊、流産、外陰部肥大を引き起こす。
2,969

回編集