「亡霊」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 67 件をウィキデータ上の d:q45529 に転記)
編集の要約なし
<!--{{字引|date=2011年7月18日 (月) 12:32 (UTC)}}-->
'''亡霊'''(ぼうれい)とは、
*亡き者の[[霊]]。死者の[[魂]]<ref>{{Cite book|和書|author=[[新村出]]編|title=[[広辞苑]]|edition=第4版|year=1991|publisher=[[岩波書店]]|isbn=978-4-00-080102-7|pages=2347頁}}</ref>。 →'''[[霊]]'''、'''[[魂]]'''
*死者の[[魂]]がこの世に現れたもの<ref>{{Cite book|和書|author=新村出編|title=広辞苑|edition=第5版|year=1998|publisher=岩波書店|isbn=978-4-00-080112-6|pages=2444頁|quote=この世に現れた死者のたましい}}</ref>(→'''[[幽霊]]''')。'''亡魂'''とも<ref name="広辞苑第5版">{{Cite book|和書|title=広辞苑|edition=第5版|pages=2444頁}}</ref>。→'''[[幽霊]]'''
*(比喩的に)今は亡びた過去の存在のはずだが、それがよみがえってきたのではないかと恐れられているもの<ref>{{Cite book|和書|title=広辞苑|edition=第5版|pages=2444頁|quote=その復活かと恐れられる、今は亡びた過去のもの}}</ref>。
::亡霊という語は、今は亡びた過去のものごとのはずだがそれがよみがえってきたのではないかと恐れられているもの、の[[比喩]]として用いられることがある<ref name="広辞苑第5版" />。例えば、「[[ファシズム]]の亡霊<ref name="広辞苑第5版" />」「[[ナチス]]の亡霊<ref>大辞林 第二版</ref>」 「[[軍国主義]]の亡霊<ref>デジタル大辞林</ref>」といった表現である。
 
== 比喩的用法 ==
亡霊という語は、今は亡びた過去のものごとのはずだがそれがよみがえってきたのではないかと恐れられているもの、の[[比喩]]として用いられることがある<ref name="広辞苑第5版" />。例えば、「[[ファシズム]]の亡霊<ref name="広辞苑第5版" />」「[[ナチス]]の亡霊<ref>大辞林 第二版</ref>」 「[[軍国主義]]の亡霊<ref>デジタル大辞林</ref>」といった表現である。
 
<!--
* [[ハムレット]]
 
{{Aimai}}
{{デフォルトソート:ほうれい}}
[[Category:幽霊|*]]
匿名利用者