「シソーラス」の版間の差分

m
'''シソーラス'''(Thesaurus) (Thesaurus) とは、[[単語]]の[[上位語|上位]] / [[下位語|下位]]関係、部分 / 全体関係、[[同義語|同義]]関係、[[類義語|類義]]関係などによって単語を分類し、体系づけた[[辞書]]。
 
== 概要 ==
語源は[[ギリシャ語]] "thesauros"で、宝物庫の意味。[[1852年]]、英国でロジェ ([[:en:Peter Mark Roget]] 1779-1869) が、語彙を意味によって分類した『Thesaurus of English Words and Phrases』(英語語句宝典, 1852)を著したのが始まりとされる。日本では[[1964年]]、[[国立国語研究所]]編により『分類語彙表』が発表されている。
 
シソーラスは[[類語辞典]]の一種といえるが、一般的な類語辞典は[[五十音]]順に項目立てがされているのに対し、シソーラスは語彙の持つ意味から、大分類 - 中分類と下っていき、目的の単語に達することができるようになっている。
 
シソーラスは[[自然言語処理]]の分野でも重要な位置にあり、『分類語彙表』や『EDR概念体系辞書』のように電子[[データベース]]化されているものもある。データベース化されたシソーラスは[[木構造 (データ構造)|木構造]]、または[[表 (データベース)|表形式]]で成り立っているものが多く、[[全文検索]]システムなどで利用される「あいまい検索」も表記ゆれ以外のものは、シソーラスを利用して行われている。
== 代表的なシソーラス ==
=== 日本語のもの ===
* 『分類語彙表』(国立国語研究所)
* 『日本語語彙大系』([[岩波書店]])
* 『角川類語国語辞典』([[角川書店]])
* 『日本語大シソーラス』([[大修館書店]])
* 『EDR概念体系辞書』(EDRプロジェクト)
* 『デジタル類語辞典』([[ジャングル (会社)|ジャングル]])
* 『JST科学技術用語シソーラス』(JST科学技術振興機構)
 
=== 英語のもの ===
* 『ロジェ類語辞典』Roget's Thesaurus of English Words and Phrases (Phrases(英語語句宝典 1852, 1911)、1911) - Peter Mark Roget
* 『[[WordNet]]』電子化されたデータベース - Princeton University, USA
* 『[[MeSH]] (Medical Subject Headings)』生命科学の文献管理検索用語のデータベース
 
== 関連項目 ==
 
== 外部リンク ==
* [http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/ 株式会社言語工学研究所運営のシソーラス(類語)検索]
* [http://dic.yahoo.co.jp/ Yahoo!辞書]
* [http://www.dictjuggler.net/tamatebako/ 類語玉手箱]
* [http://www.gengokk.co.jp/thebun.htm シソーラスとは(言語工学研究所)]
* [http://www.tdic.co.jp 医学・薬学系シソーラス辞書 T辞書(ティ辞書企画)]
 
{{book-stub}}
 
{{デフォルトソート:しそおらす}}
[[Category:ギリシア語の語句]]
[[Category:知識表現]]
{{book-stub}}