「ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー''' (Jan Janse de Weltevree、[[1595年]] - 没年不詳) は [[ネーデルラント連邦共和国|オランダ]]の船乗りでありおそらく[[朝鮮]]を訪問した最初の[[オランダ人]]。 彼の冒険は[[オランダ東インド会社]][[会計士]][[ヘンドリック・ハメル]]の報告により記録された。ハメルは、1653年から1666年まで朝鮮に滞在した。
 
[[File:Jan Jansz Weltevree De Rijp.jpg|thumb|De Rijpデ・レイプにあるヤン・ヤンセ・ウェルテフレー像]]
 
== 人生 ==
ウェルテフレーは1595頃生まれた。出生地はハメルによると{{仮リンク|De Rijpデ・レイプ|en|De Rijp}}、他の情報源によると{{仮リンク|Vlaardingenフラールディング|en|Vlaardingen}}である。彼は'Hollandia'という船に契約して雇われ、1626年3月17日[[オランダ領東インド]]へ発った。 そこでは、'Ouwerkerck'という船で[[ジャカルタ]]から1627年に到着した。1627年7月16日、オランダの私拿捕船Ouwerkerckは[[明|中国]][[アモイ]]港で係留されていた中国の[[ジャンク船]]を[[拿捕]]し、その乗組員150人を[[捕虜]]にした。7人の中国人はOuwerkerckに乗せられた。船の[[航海士]]ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー、オランダのDe Rijpデ・レイプから来たDirk Gijsbertsz、 [[アムステルダム]]から来たJan Pieterse Verbaest、13人の他のオランダの乗組員と一緒に[[台南]]、[[フォルモサ]]へ航海した。唯一Ouwerkerckは、激しい夏の嵐に見舞われながらも、安全な港に入港した<ref>{{cite web|url=http://www.koreanhistoryproject.org/Ket/C14/E1402.htm |title=A Dutch Privateer in Joseon |publisher=Koreanhistoryproject.org |accessdate=February 16, 2012}}</ref>
 
不運な中国のジャンク船と中国人、オランダ人乗組員は嵐により朝鮮の西海岸沖の島の海岸に漂着した。 次の何が起こったのかの詳細は不明であるが、中国人は人数の多さでオランダ人の生存者を圧倒し、ウェルテフレー、Dirk Gijsbertsz、Jan Verbaestを捕獲し、朝鮮当局にそれらを引き渡した<ref>{{cite web|url=http://www.koreanhistoryproject.org/Ket/C14/E1402.htm |title=A Dutch Privateer in Joseon|publisher=Koreanhistoryproject.org |accessdate=February 16, 2012}}</ref>
 
当時の[[李氏朝鮮]]では、[[鎖国]]政策を採っていた為、捕虜となった彼らはここを離れることはできなかった。ヤン・ヤンセは'''パク・ヨン''' (朴淵 / 朴燕 박연)박연)という名前を付けられ、政府の重要な役人となった。彼は朝鮮人女性と結婚し、2人の子供をけた。
 
ウェルテフレーよると、他の2人は、[[丙子胡乱]]中に1636年に死亡した<ref>Gari Ledyard "The Dutch Come to Korea", page 26. Library of Congress Catalog Card Number: 70-177936</ref>彼らは朝鮮軍として戦っていたと思われる。
 
1653年に[[ヘンドリック・ハメル]]らが乗った'De Sperwer'という船がジャカルタから[[台湾]]に向かう途中に[[難破]]し、朝鮮に漂着し、ヤン・ヤンセが翻訳者および相談役として派遣された。
 
漂着した36人のオランダ人は、1666年に[[長崎]]に彼らのうち8人が逃亡するまでの13年間、朝鮮に滞在し、朝鮮軍の[[軍事顧問]]として働いた。ヘンドリック・ハメルは朝鮮での滞在について執筆し(朝鮮幽囚記)、現在我々がウェルテフレーについて知る重要な資料となっている。
 
==遺産 ==
オランダDe Rijpのデ・レイプのグレート・チャーチの傍にヤン・ヤンセの像がある。この[[レプリカ]]が1991年[[ソウル]]に設置された。
 
== 脚注 ==
}}
 
{{DEFAULTSORT:うえるてふれ やんやんせ}}
[[Category:オランダの船員]]
[[Category:オランダ東インド会社の人物]]