「パンク・ロック」の版間の差分

m (曖昧さ回避へのリンクを対象項目へ張り替え)
 
=== 早すぎた終息 ===
1977年のロンドン・パンク・ムーブメントは短期間で終息し、入れ代わるように[[ポストパンク]]/[[ニュー・ウェイヴ (音楽)|ニュー・ウェイヴ]]が台頭した。この中で、オリジナル・パンクの根底にあった、肉体性の否定、無機質でユニ・セックスな性格、前衛性・実験精神などは、[[スロッビング・グリッスル]]、[[ディス・ヒート]]、[[ワイヤー (バンド)|ワイヤー]]らが引き継いだ。一方、これらに反発するように台頭した[[エクスプロイテッド]]、[[GBH]]、[[ブリッツ]]、[[コックニー・リジェクツ]]といったネオ・パンク(oi!)やハードコア・パンク勢もアンダーグラウンド的に人気を集めた。[[モヒカン刈り]]や[[ジャンパー (衣服)|ジャンパー]]といった、のちのパンク・ロックのファッション的なイメージは後者によって作られた。
 
=== 後継者たち ===
匿名利用者