「エボシグモ科」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q10573 に転記)
造網性のクモであり、物陰、オーバーハングした岩の下面、樹木の根本の方などに網を張る。網の構造は、この類ではほぼ共通している。その網は一見すると、ねばねばした梳き糸で構成されており、それが乾燥した支持糸で隣接する基盤に引っ張られて、その部分でクモが隠れられるようになっている。エボシグモのそれはやや深めの[[ランプ (照明器具)|ランプシェード]]のような形になる<ref name=Gertsh-p2/>。このクモの英名である lampshad spider もこれにより、和名のエボシグモはこれを烏帽子に見立てたものである。
 
''Ectatostica''については、シート状の網であり、転石などの下向きの面に一部がくっついており、周囲は糸で他物に着いているという<ref>PlatnickPlatおnick & Jager(2009)p.212</ref>。
 
エボシクモではほぼ円形になったこの網の中心の基盤上に身体を平らにして伏せている。また、ぶら下がるような姿勢で細長い脚を網に触れさせる姿勢を頻繁にとる<ref name=Gertsh-p2/>。餌はランプシェードの部分に引っかかり、クモは内側から噛みついて餌を殺す。糸を用いて包むことはしない<ref>Fergsson(1972)p.183-186</ref>。
28,698

回編集