「無産政党」の版間の差分

===無産政党の消長===
<!--各無産政党は各論で説明するため、リンクは貼らない。-->
日本の無産政党は、[[明治]]中頃の'''[[車会党]]'''や'''[[東洋社会党]]'''など、社会主義思想を自覚的に掲げてほとんど無縁のいなかった治結社も存在した。しかしそのため本格的な無産政党は[[片山潜]]らを中心とする[[社会主義]]者によって結成された'''[[社会民主党 (日本 1901年)|社会民主党]]'''を以て濫觴とする(1901年5月)。
 
社会民主党ははじめて社会主義的宣言をしたことで知られているが、時の[[第4次伊藤内閣]]は即日結社禁止とした。その後も社会主義者は'''[[日本社会党 (1906年)|日本社会党]]'''の結党などを模索したが(1906年2月)、解散を余儀なくされた。加えて「[[幸徳事件|大逆事件]]」が起って社会主義集団は壊滅状態となり、[[冬の時代]]と称される閉塞状態に陥った。
 
[[第一次世界大戦]](欧洲大戦)による日本[[資本主義]]の本格的勃興は、日本の労資間の対立を尖鋭化した。それを承け、社会主義者の間に再び結党の動きが起り、1920年12月に'''[[日本社会主義同盟]]'''が成立して統一戦線の気運が高まった。同盟そのものは直ぐに禁止となるが、'''[[農民労働党]]'''(即日禁止)を経て、'''[[労働農民党]](労農党)'''の樹立に成功した。
 
しかし全国的単一党であった労働農民党は、指導者層の対立と支持母体である'''[[日本労働総同盟]]'''の左右への分解とが問題となり(左派は'''[[日本労働組合評議会]]'''を結成)、最右派の'''[[日本農民党 (1926-1928)|日本農民党]]'''、右派の'''[[社会民衆党]](社民党)'''、中道の'''[[日本労農党]](日労党)'''が分裂し、この結果、労農党は左派無産政党に改組された(1926年)。労農党そのものは[[三・一五事件]]によって指導者を失い(1928年)、[[治安警察法]]により政府から解散を命ぜられた。その結果、一部は最左派の'''[[労農党 (1929-1931)|新労農党]]'''となり、また一部は非合法の[[日本共産党]]となって地下潜行を行った。他方、旧労農党内部の[[労農派]]を中心として、最左派の非現実性を指弾し'''[[無産大衆党]]'''を組織するものが現れた
 
1928年の普通選挙実施により、各無産政党ははじめて公然と帝国議会に議席を得たが、その直後の[[三・一五事件]]によって、労農党は指導者を失い(1928年)、[[治安警察法]]により政府から解散を命ぜられた。その結果、一部は最左派の'''[[労農党 (1929-1931)|新労農党]]'''となり、また一部は非合法の[[日本共産党]](1922年創立)に合流して地下潜行を行った。他方、旧労農党内部の[[労農派]]を中心として、最左派を〈非現実的〉と指弾し'''[[無産大衆党]]'''を組織するものが現れた。
労働農民党の分裂以後、無産政党各派は全国的政党たる三派と、無数の地方的政党に分裂したが、'''[[普通選挙]]'''(普選)実施による統一戦線の必要などから、再び全国的単一党の形成を模索し始めた。その結果、日労党を中核とし、[[日本農民党 (1926-1928)|日本農民党]]と無産大衆党などの都合七党による結党が行われ、[[日本大衆党]]が生れた。(1928年12月)日本大衆党も内部分裂が絶えなかったが、同党は再び(新)労農党、旧無産大衆党、社民党系と合同し、ここに戦前の単一無産政党たる'''[[社会大衆党]](社大党)'''が生れた(1932年7月)。
 
労働農民党の分裂以後、無産政党各派は全国的政党たる三派と、無数の地方的政党に分裂したが、'''[[普通選挙]]'''(普選)実施による統一戦線の必要などから、再び全国的単一党の形成を模索し始めた。その結果、日労党を中核とし、[[日本農民党 (1926-1928)|日本農民党]]と無産大衆党などの都合7党による結党が行われ、[[日本大衆党]]が生れた。(1928年12月)日本大衆党も内部分裂が絶えなかったが、同党は再び(新)労農党、旧無産大衆党、社民党系と合同し、ここに戦前の単一無産政党たる'''[[社会大衆党]](社大党)'''が生れた(1932年7月)。
 
社会大衆党は、戦前の無産政党の統一政党であり、また無産政党中の最大政党でもあった。その後行われた総選挙では勢力を増やし、戦前最後となる'''[[第20回衆議院議員総選挙|第20回総選挙]]'''において36議席(定数468)を獲得。遂に[[帝国議会]]第3党に躍り出た(1937年4月)。
しかし時勢の難局は同党に日中戦争肯定の立場を取らせ、次いで起った[[近衛文麿]]の[[新体制運動]]に積極的参加をさせ、遂に解党して[[大政翼賛会]]に没入することになった。
 
[[1937年]]3月には労農派の流れを引く合法左派の[[日本無産党]](日無党)が成立し、[[加藤勘十]]が総選挙で当選もするが、同年12月に[[人民戦線事件]]で、系列労組の[[日本労働組合全国評議会]]とともに幹部の検挙、結社禁止となり解散。
 
===その後===