「永遠の法」の版間の差分

1次資料を用いた宣伝などを除去・是正
m (→‎映画: Wikipedia‐ノート:ネタバレ系テンプレートの使用 テンプレートの再度貼り付けは2週間ほどお待ちください)
(1次資料を用いた宣伝などを除去・是正)
</div>
『'''永遠の法'''』(えいえん の ほう、 ''The Laws of Eternity'')は、
*[[幸福の科学]]グループ創始者兼[[総裁]]、[[大川隆法]]が著した幸福の科学の代表的[[聖典|経典]]な作品。1987年10月初版、以後30言語以上に翻訳され100ヶ国以上にて刊行。
**上記教典をもとにして作成された漫画。
**上記教典をもとにして、シナリオプロジェクトにより新たなストーリーで製作されたアニメ映画。本項[[#映画]]で詳述。
----
== 概要 ==
『'''永遠の法'''』は、幸福の科学グループ創始者兼総裁・大川隆法の著作で、『[[太陽の法]]』『[[黄金の法]]』に続く「救世の法三部作」の完結編。幸福の科学の[[教義]]である仏法真理の[[空間]]論の体系書として位置づけられた宗教理論書。[[あの世]]と言われる世界の「四次元世界から九次元世界まで」を理論的かつ現実感をふまえて解説した書物<ref>『永遠の法』初版 まえがき より</ref>
 
この書をもとに、マンガ『'''永遠の法'''』が作成され、雑誌 月刊 [[ザ・リバティ]]に[[2004年]]3月号から[[2007年]]2月号まで36話が連載された。そして、コミック単行本3巻に収録された。
| id = ISBN 978-4-87688-320-2(日本語原著改訂上製本)<br />ISBN 978-0-9826985-6-3 (英語版)<br />ISBN 978-1930051638 (英語版)<br />ISBN 978-85-316-0978-7 (ポルトガル語版)<br />ISBN 978-8978950824 (韓国語版)<br />ISBN 978-3-89845-156-7 (ドイツ語版)<br />ISBN 978-986-85671-4-6(中国語繁体字台湾)<br />ISBN 978-7-80254-375-1(中国語簡体字)
}}
 
エル・カンターレの世界観として、空間論の体系書として位置づけられ、あの世と言われる世界の「四次元世界から九次元世界まで」を理論的かつ現実感をふまえた内容で解説した書物。精神世界の階梯と広がりが容易な言葉で書かれている。
=== 書籍情報 ===
*単行本並製本
{{Infobox animanga/Footer}}
{{漫画}}
『'''マンガ 永遠の法'''』は、書籍『'''永遠の法'''』をもとに、2003年より「マンガ永遠の法シナリオプロジェクト」チームで脚本化が行われ、橋本和典の作画で作成された。月刊雑誌「ザ・リバティ」の2004年3月号から連載され、2007年2月号まで連載された。オリジナルストーリーを構成し、書籍『永遠の法』の難解な部分も、関連する書籍や著者の解説講義などの資料から綿密な調査で、わかりやすくビジュアルの形で説明している
 
=== あらすじ ===
77,182

回編集