「友清歓真」の版間の差分

m
(+Cat・出典の明記)
*青年時代は政治運動をしており、雑誌「東亜評論」を発行した。
*その後、霊的な方面に興味を抱き、[[密教]]、[[神道]]などを修行し、度々山籠もりをする。
*[[1918年]]([[大正]]7年)の春、[[浅野和三郎]]を訪ねており[[大本]]に入信。当初は大本教の政治的主張に共鳴しての入信であつたが、次第に霊術面にも力を尽くすようになつた。大本の本部のある[[京都府]]綾部に移住し大本の機関誌の主筆となり綾部新聞には毎号に記事を書き、ついで大本の機関紙「誌『神霊界の編集にも携わった。埋もれていた紀州の皇漢医・[[島田幸安]]が口述し三沢宗哲が聞き書きして写した[[島田幸安幽界物語]]を機関に紹介したのが友清であった。大本を脱退後、1920年(大正9年)に刊行した『[[神仙霊典]]』その他『[[幽冥界研究資料]]』や『[[天行林]]・午林』の中に於いてこれらの資料を紹介している。
*[[1919年]](大正8年)、大本の[[出口王仁三郎]]の教義に失望して脱退した。[[静岡県]]に移住し、王仁三郎の師の[[長沢雄楯]]([[本田親徳]]の弟子)から本田親徳の霊学を学び、これをもとに大本批判の書『乾坤一擲』『事実第一』を著した。また、佐曽利清(さそり あかし)など長沢雄楯以外の本田親徳の弟子にも接触し10月に『鎮魂帰神の原理及び応用』を著した。これは本田親徳の考案した[[鎮魂|鎮魂法]]の初公開の書であった(現在、天行居で行われている音霊法は佐曽利の直伝であったという)。
*[[1920年]](大正9年)2月7日、静岡県で霊学の実践団体「格神会」を結成した。『鎮魂帰神の極意』9月に『神仙霊典』を自費出版した。同月には有名な霊媒の本田亀次に会い帰神式を行い、10月28日浄身鎮魂法を授かったという。この場に断易家の[[九鬼盛隆]]も同席しており、本田亀次は後に九鬼盛隆が創設した宗教団体「本道宣布会」に加わった。
89

回編集