「1/2」の版間の差分

*[[量子力学]]では[[電子]]の[[スピン角運動量|スピン量子数]]は +<math>\tfrac{1}{2}</math> もしくは -<math>\tfrac{1}{2}</math> に限られる。
*起こりうる結果が 2 通りだけで、それらの起こる[[確率]]が共に <math>\tfrac{1}{2}</math> に十分近い時、「○○の確率は五分五分」ということがある。
*[[FIFAワールドカップ・予選]]では、6つの[[国際サッカー連盟#概要|FIFA傘下の地域連盟]]のうち力が劣ると考えられる連盟の予選に関して、<math>\tfrac{1/}{2}</math>枠が振り分けられる事がある。この場合は、当該連盟内の予選を勝ち抜いても、その後に開催される大陸間プレーオフを突破しなければ[[FIFAワールドカップ|本大会]]に出場する事は出来ない。
**[[南米サッカー連盟|CONMEBOL]]と[[欧州サッカー連盟|UEFA]]では、<math>\tfrac{1/}{2}</math>枠を振り分けられた事はない。(但し、1枠以上の端数の枠〔1.5~12.5〈[[1986 FIFAワールドカップ・予選|1986年メキシコW杯予選]]の[[欧州サッカー連盟|UEFA]]枠〉〕が振り分けられた事はある)。
**[[北中米カリブ海サッカー連盟|CONCACAF]]では、[[1962 FIFAワールドカップ・予選|1962年チリW杯予選]]で1/2枠が振り分けられた。
**[[アフリカサッカー連盟|CAF]]では、[[1962 FIFAワールドカップ・予選|1962年チリW杯予選]]と[[1966 FIFAワールドカップ・予選|1966年イングランドW杯予選]]で1/2枠が振り分けられた。だが、1966年予選の際にCAFが[[国際サッカー連盟|FIFA]]に提訴したため、[[1970 FIFAワールドカップ・予選|1970年メキシコW杯予選]]より1以上の枠が与えられている。
**[[アジアサッカー連盟|AFC]]では、[[1962 FIFAワールドカップ・予選|1962年チリW杯予選]],[[1970 FIFAワールドカップ・予選|1970年メキシコW杯予選]],[[1974 FIFAワールドカップ・予選|1974年西ドイツW杯予選]],[[1978 FIFAワールドカップ・予選|1978年アルゼンチンW杯予選]]の4大会にわたって<math>\tfrac{1/}{2}</math>枠が振り分けられた。
**[[オセアニアサッカー連盟|OFC]]では、[[1970 FIFAワールドカップ・予選|1970年メキシコW杯予選]]以降、現在に至るまで<math>\tfrac{1/}{2}</math>枠しか振り分けられていない([[1982 FIFAワールドカップ・予選|1982年スペインW杯予選]]ではAFCと共同で2枠が与えられた。また[[1994 FIFAワールドカップ・予選|1994年アメリカW杯予選]]では、<math>\tfrac{1/}{4}</math>枠が振り分けられた。)。
***予てよりこの裁定に不満を持っていた[[サッカーオーストラリア代表|オーストラリア]]は、[[2005年]][[6月]]にOFCからAFCに転籍することとなった。
*[[サイコロ]]を使った[[賭博]]である[[丁半]]は、丁(2つのサイコロの出た目の和が[[偶数]])または半(2つのサイコロの出た目の和が[[奇数]])の出る確率が <math>\tfrac{1}{2}</math> である事を利用した物である。
匿名利用者