「千葉シーサイドバス」の版間の差分

編集の要約なし
=== 八千代台線 ===
* 211:八千代台駅~実籾駅~JR幕張駅
* 261:212:八千代台駅~実籾駅~JR幕張本郷駅~海浜幕張駅~マリンスタジアム(廃止)
* 214:八千代台駅~実籾駅~JR幕張駅~海浜幕張駅
東洋バス創業当時の路線の一つであり、幕張駅を発着する本線格の路線で、[[東洋バス]]の路線と唯一接続する路線である。
* 233:花島公園~長作町~小谷津~JR幕張駅
* 234:花島公園→長作町→小谷津→JR幕張駅→海浜幕張駅→マリンスタジアム
* 235:花島公園~長作町~橋戸~JR幕張駅~海浜幕張駅~マリンスタジアム(廃止)
* 236:花島公園~長作町~橋戸~JR幕張駅
花島公園線は全線[[花見川区]]内を走る。15〜40分おきに走っており、千葉シーサイドバスの主力路線となっている。この線の原型である長作町線の開通時期は、長作小学校の記念誌によると1967年となっている。開通の背景には、弥生ヶ丘住宅地(現在の長作台)の入居が進み、ここから最寄の国鉄駅に至る路線の需要が生じたことがある。
[[ファイル:ChibaSeasideBus PJ-MP35JM.jpg|thumb|right|240px|幕張本郷駅に乗り入れる新塗色車]]
* 260:海浜幕張駅→幕張本郷駅
* 260:261:幕張本郷駅海浜幕張駅~マリンスタジアム(廃止)
* 270:幕張本郷駅→JR幕張駅
2006年7月1日より運行を開始した路線で、路線の北側では千葉街道の旧道を走る。幕張本郷駅〜海浜幕張駅間は、[[平和交通 (千葉県)|平和交通]]も同一ルートで路線を有している。
 
この路線の開通に際し、競合する京成バスの瑞穂の杜線、検見川線、花見川南線は、新検見川駅と花見川区役所及び区役所入口の間で運賃の値下げを実施した。
 
== 廃止・撤退路線 ==
=== 花島公園線 ===
* 230:JR幕張駅→小谷津→長作町
* 234:マリンスタジアム→海浜幕張駅→JR幕張駅→小谷津→長作町→花島公園
=== 幕張本郷線 ===
* 260:幕張本郷駅→海浜幕張駅
* 261:幕張本郷駅~海浜幕張駅~マリンスタジアム
* 270:JR幕張駅→幕張本郷駅
 
== 車両 ==
1,725

回編集