「エネルギー・運動量テンソル」の版間の差分

-\frac{1}{4}g_{\mu\nu} F^{\rho\sigma} F_{\rho\sigma})</math>
}}
となる。ここで、<math>F_{\mu\nu} =\partial_\mu A_\nu -\partial_\nu A_\mu</math> は[[電磁場テンソル]]、<math>A_\mu</math> は[[電磁ポテンシャル]]である。
 
<math>T_{00}</math> は電磁場の[[エネルギー密度]]、<math>T_{0j}</math> 及び<math>T_{i0}</math> は[[ポインティング・ベクトル]]、<math>T_{ij}</math> は[[マクスウェルの応力テンソル]]である。
匿名利用者