「メガラニカ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 29 件をウィキデータ上の (d:Q323750 に転記))
{{Otheruses|伝説上の大陸|「メガラニカ」のその他の用法}}
[[ファイル:Mercator World Map.jpg|thumb|300px|[[1587年]]に[[ゲラルドゥス・メルカトル|メルカトル]]が作成した[[世界地図]]。オレンジ色の陸地がメガラニカ。左端の緑色の島は[[ニューギニア島]]。]]
 
== 歴史 ==
[[ファイル:Drake Passage - Lambert Azimuthal projection.png|thumb|[[フエゴ島]]、[[ドレーク海峡]]、[[南極大陸]]。[[南アメリカ|南米]]の南端にあるフエゴ島はかつてメガラニカの一部と考えられた。]]
 
=== 古代ギリシア ===
[[古代ギリシア]]においては、既に[[知識人]]の間で[[地球球体説]]が唱えられていた。だが、当時知られていた大陸は全て[[北半球]]に偏っており、安定性が悪いように見えた。そのため、南半球にもそれと釣り合いが取れるだけの巨大な陸地が存在するという考えが生まれた。