メインメニューを開く

差分

→‎材料・調理法: 炒ったあと佃煮にする
主な材料・調理法は以下の通り。
 
秋に田んぼなどで大量に発生するイナゴを集める。また、イナゴ料理が盛んな地域では、食用としてイナゴの生体が市販されている場合もある。数日飼って糞出しを行ったのち、必要に応じて、ギザギザのある後ろ脚や羽を取り除き、ざるにいれて水洗いし、[[焙烙]]などで炒ったあと大鍋で長時間熱湯で煮る。[[醤油]]や[[砂糖]]などの調味料を加え、更に数時間煮続けることで佃煮となる。
 
== 関連項目 ==
794

回編集