「桜木町駅」の版間の差分

また、当駅は[[高島線]]と[[根岸線]]の合流点にあたるため、両ホーム横浜方の上には[[信号取扱所]]が設けられ、終日運転取扱者がここに常駐する。また、忘れ物の取り扱いも終日ここで行っている。
 
[[エレベーター]]は現駅舎に改良してから関内方に新設されたが、ホームと改札外を結ぶため、[[車椅子]]利用者などの障害者が係員の付き添いのもと利用しなければならなかったが、[[2007年]]度に横浜方のホームと改札内を結ぶものが新設された。[[2012年]]現在の改札口は関内方向の一か所のみであるが、みなとみらい方面や公共施設の集積する紅葉坂方面へのアクセスの改善をはかるため、横浜駅方面高架下に商業施設「シァル」(店舗部分は[[横浜ステーシヨンビル]]運営)と共に新改札口「紅葉坂口」(仮称)が[[2014年]]夏に設置される予定である<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48730440S2A121C1L82000/ JR東、桜木町・茅ケ崎両駅再開発に100億円 ](日本経済新聞 2012年11月23日付)</ref><ref>[http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1211220034/ JR東日本が桜木町駅リニューアルを正式発表、改札口や東西通路を新設、14年夏開業へ/横浜](神奈川新聞:カナロコ 2012年11月23日付)</ref>
2012年現在改札口は関内方向の一か所のみであるが、みなとみらい方面や公共施設の集積する紅葉坂方面へのアクセスの改善をはかるため、横浜方向高架下に商業施設「シァル」とともに新改札口「紅葉坂口」(仮称)が2014年夏に設置される予定である<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48730440S2A121C1L82000/ JR東、桜木町・茅ケ崎両駅再開発に100億円 ](日本経済新聞 2012年11月23日付)</ref>。
 
==== のりば ====
匿名利用者