「バシリスクス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q193056 に転記)
[[画像:Solidus Basiliscus-RIC 1003.jpg|thumb|300px|バシリスクスが印された硬貨]]
 
'''バシリスクス'''(生没(? - [[476不詳]]/[[477年]]冬)は、[[東ローマ帝国]]の対立[[皇帝]](在位:[[475年]] - [[476年]])。
 
[[レオ2世 (東ローマ皇帝)|レオ2世]]が7歳で夭折した後、皇位はその実父にあたる[[ゼノン (東ローマ皇帝)|ゼノン]]が継ぐこととなった。ところが、ゼノンは惰弱な人物であったため、その皇位を狙う者も少なくなかった。そして、ゼノンが皇位に即位してから1年足らずの475年、反乱が起こってゼノンは皇位を追われ、ゼノンの義母にあたる[[ウェリーナ]](ゼノンの妻[[アリアドネ]]の実母)の弟にあたるバシリスクスが[[皇帝]](対立皇帝)として即位することとなった。
137

回編集