「御土居」の版間の差分

→‎位置: 事実誤認の説をコメントアウト
(洛中洛外の定義付けが御土居築造により新たにされたとは聞かない。)
(→‎位置: 事実誤認の説をコメントアウト)
御土居の囲む範囲は南北約8.5km、東西約3.5kmの縦長の形をしている。御土居は必ずしも直線状ではなく、特に西側では数箇所の凹凸がある。全長は約22.5kmである。北端は[[北区 (京都市)|北区]]紫竹の加茂川中学校付近、南端は[[南区 (京都市)|南区]]の[[東寺]]の南、東端はほぼ現在の[[河原町通]]、西端は[[中京区]]の[[山陰本線]][[円町駅]]付近にあたる。また東部では[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]](賀茂川)に、北西部では[[紙屋川]]([[天神川]])に沿っており、これらが堀を兼ねていた。
 
御土居の内部を'''洛中'''、外部を'''洛外'''と呼んだ{{要出典|date=2013年7月|title=根拠とする史書は?この説を支持する学術書・学術論文は?}}。ただし、御土居の内部であっても[[鞍馬口通]]以北は洛外と呼ばれることもあった<!--<ref>平安京においては京域を限る一条大路、九条大路、東西の京極大路に囲まれた範囲を「洛中」、その周辺を「洛外」と称した。時代を経て京域が変化して必ずしもこの定義が厳密に通用したとは言えないが、御土居によって新たに洛中洛外が定められたとしても市民の間にその定義が通用したとは考えられない。御土居に囲まれていても北部や南部では農村地帯が広がっていたし、西部では金閣寺、仁和寺などが御土居の外に位置した。</ref>。--><!--朱雀大路より東(左京)は「洛陽」で「洛」ですが、西(右京)は「長安」であり、明らかに異なります。-->
 
京都と諸国を結ぶ街道が御土居を横切る場所を「口」(「出入り口」の意)と呼んだ。現在でも鞍馬口、丹波口、粟田口、荒神口などの地名が残っている。『三藐院記』([[近衛信尹]]の日記)によると御土居建造当時の口は10箇所であった。これら街道に繋がらない洛外への道は御土居によって閉塞され、例えば八坂神社に通じる[[四条大橋]]は撤去され、祇園祭の神輿渡御の経路も変更を余儀なくされた。また清水寺への参詣路に位置した[[五条大橋]](現松原橋)も撤去され、東方への街道があった六条坊門通(現五条通)の位置に新たに架橋された。