「クアルコム」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
一時期、CDMA2000、W-CDMAに関わらず、[[第三世代携帯電話|3G携帯電話]]およびCDMA通信[[モジュール]]には同社のベースバンドチップセットを搭載していない場合ですら、端末本体に「'''QUALCOMM 3G CDMA'''」と表記された[[刻印]]<ref>ちなみにcdmaOne時代は端末本体に「'''CDMA BY QUALCOMM'''」が表記された刻印が付けられていた。また同社製の3G(CDMA2000およびW-CDMA)/4G(LTE)対応チップセットが搭載された端末の場合、「'''QUALCOMM 3G/4G'''」、もしくは「'''QUALCOMM 4G'''」が表記された刻印が付けられる場合もある(例・前者が[[SHL21|AQUOS PHONE SERIE SHL21]]/[[SHL22|22]]、[[SHT21|AQUOS PAD SHT21]]、[[KYL21|DIGNO S KYL21]]、[[URBANO L01]](KYY21)など、後者が[[PTL21|VEGA PTL21]]、[[SCL21|GALAXY S III Progre SCL21]]等。ただし例外的に3G(CDMA2000およびW-CDMA)/4G(LTE)対応チップセットが搭載された端末であっても[[CAL21|G'zOne TYPE-L CAL21]]や[[FJL21|ARROWS ef FJL21]]など、まれに「'''QUALCOMM 3G CDMA'''」と表記された刻印が付けられる場合もある)。</ref>、もしくはシールが付けられていたことがあった。これは、同社が、CDMA2000/W-CDMAの実現に必須の特許を保有しており、ライセンスの条件として、[[レリーフ]]添付およびプリント添付、シール添付などが要求されていたからである。現在は[[KDDI]]/[[沖縄セルラー電話]]の各[[au (携帯電話)|au]]の2.5G(cdmaOne)/3G([[CDMA 1X]])/3.5G([[CDMA 1X WIN]])/3.9G([[au 4G LTE]])音声通話用端末([[ソニーモバイルコミュニケーションズ|ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)]]製、および[[大韓民国|韓]]・[[パンテック&キュリテル]]製および韓・[[サムスン電子]]製以外の海外ブランド製を除く<ref>ただしソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の[[A3014S]]および[[A5402S]]、[[W54S]]および[[台湾|台]]・[[HTC (企業)|HTC]]製の[[E30HT]]は例外。</ref>ほぼ全ての機種)および同2.5G(cdmaOne)/3G(CDMA 1X)/3.5G(CDMA 1X WIN)データ通信用端末(ほぼ全機種)、3.5G(CDMA 1X WIN)対応[[スマートフォン]](ごく一部<ref>例・[[INFOBAR A01]]、[[IS11S]]、[[ISW11HT]]、[[ISW12HT]]、[[ISW11M]]、[[INFOBAR C01]]等</ref>を除く)、3.5G(CDMA 1X WIN)対応[[スマートブック]](ほぼ全機種)<ref>例・[[IS01]]</ref>、[[ソフトバンクモバイル#ボーダフォン|旧・ボーダフォン(日本)]]時代を含む[[ソフトバンクモバイル]]のスマートフォンを含む[[東芝]]製および[[シャープ]]製3G([[SoftBank 3G]](旧・Vodafone 3Gを含む))音声通話用端末、[[NTTドコモ]]の一部の[[三洋電機]](大阪、現・[[京セラ]]SANYOブランド)製[[FOMA]]対応音声通話用端末<ref>例・[[SA700iS]]、[[SA800i]]、[[SA702i]]等</ref>および東芝製スマートフォン<ref>例・[[T-01A]]、[[T-01B]]等</ref>、[[イー・モバイル]]の東芝製3G音声通話用端末<ref>例・[[H11T]]</ref>の本体にロゴの刻印やシールの添付がされている。
 
クアルコムはファブレスメーカーであり、半導体の製造は大手[[ファウンドリ]]である[[GLOBALFOUNDRIES]]、[[TSMC]]等へ委託し製造している。
匿名利用者