「御土居」の版間の差分

議論はノート:御土居で致しましょう。
編集の要約なし
(議論はノート:御土居で致しましょう。)
御土居の囲む範囲は南北約8.5km、東西約3.5kmの縦長の形をしている。御土居は必ずしも直線状ではなく、特に西側では数箇所の凹凸がある。全長は約22.5kmである。北端は[[北区 (京都市)|北区]]紫竹の加茂川中学校付近、南端は[[南区 (京都市)|南区]]の[[東寺]]の南、東端はほぼ現在の[[河原町通]]、西端は[[中京区]]の[[山陰本線]][[円町駅]]付近にあたる。また東部では[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]](賀茂川)に、北西部では[[紙屋川]]([[天神川]])に沿っており、これらが堀を兼ねていた。
 
御土居の内部を'''洛中'''、外部を'''洛外'''と呼んだ{{要出典|date=2013年7月|title=根拠とする史書は?この説を支持する学術書・学術論文は?}}<!--「建造の目的3」にあるように「(一説に)洛中洛外の境を明瞭にするため」とは言えても「内部を洛中、外部を洛外と呼んだ」とするのは飛躍があるのでは?秀吉の思いとは裏腹に京の文化人は細川幽斎のように旧来の定義が念頭にあったのでは?適切な記述は「一説に、秀吉はこの御土居によって洛中の範囲を定めることを意図したという」ぐらいではないか-->。ただし、御土居の内部であっても[[鞍馬口通]]以北は洛外と呼ばれることもあった。
。ただし、御土居の内部であっても[[鞍馬口通]]以北は洛外と呼ばれることもあった<ref>平安京においては京域を限る一条大路、九条大路、東西の京極大路に囲まれた範囲を「洛中」、その周辺を「洛外」と称した。時代を経て京域が変化して必ずしもこの定義が厳密に通用したとは言えないが、御土居によって新たに洛中洛外が定められたとしても市民の間にその定義が通用したとは考えられない。御土居に囲まれていても北部や南部では農村地帯が広がっていたし、西部では金閣寺、仁和寺などが御土居の外に位置した(「建造の目的」3を参照)。</ref>。<!--朱雀大路より東(左京)は「洛陽」で「洛」ですが、西(右京)は「長安」であり、明らかに異なります。-- <!--(←反論)「洛陽」「長安」の呼び名は中国の首都に倣っての雅称にすぎませんでした。例えば「洛中洛外図」は、右京左京を問わず市街地を「洛中」その周辺を「洛外」と称しています。京都に赴くことは「上洛」と言いました。また京都を示す言葉として「京洛」というのはあっても「京長」「京安」はありませんでした。「洛中」は一般的ですが、「長中」「安中」という言葉は聞いたことがありません。鎌倉期末頃から「京中・京外」に代わって多用されるのが「洛中・洛外」であり、左京を指した「洛陽」が語源であっても、この頃「洛」とは左京右京を問わず「京都」を指す言葉でした。-->
 
 
京都と諸国を結ぶ街道が御土居を横切る場所を「口」(「出入り口」の意)と呼んだ。現在でも鞍馬口、丹波口、粟田口、荒神口などの地名が残っている。『三藐院記』([[近衛信尹]]の日記)によると御土居建造当時の口は10箇所であった。これら街道に繋がらない洛外への道は御土居によって閉塞され、例えば八坂神社に通じる[[四条大橋]]は撤去され、祇園祭の神輿渡御の経路も変更を余儀なくされた。また清水寺への参詣路に位置した[[五条大橋]](現松原橋)も撤去され、東方への街道があった六条坊門通(現五条通)の位置に新たに架橋された。
==建造の目的==
秀吉自身が御土居建設の目的を説明した文献は現存しないが、以下のような理由が推測されている。
===1.防衛===
[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]後期の都市の多くには'''[[惣構]]'''と呼ばれる都市全体を囲む防壁があった。当時の京都は[[応仁の乱]]後の荒廃により上京と下京の2つの町に分裂し、それぞれに惣構があった。秀吉は京都の町を拡大するためこれらの惣構を取り壊し、それに代わる大規模な惣構として御土居を建設したと考えられている。ただし、防衛のみを目的としたにしては以下に述べるような不自然な点がある。
*御土居の囲む範囲は当時の市街地に比べ極めて広く、西部や北部においては第2次世界大戦後まで農地が広がっていた場所すらある。このため御土居の全長は長くなり、防衛に必要な兵力が多くなる。
*御土居の上に竹が植えられていたため視界が遮られ、また兵士が御土居の上を移動することが難しい。通常防壁上に作られるような櫓などもない。
*絵図によれば、御土居の出入口には何の障害物もなく、当時の城郭で用いられたような侵入者を防ぐ構造が見られない。ただし、盗賊が現れた際、逃亡を防ぐためすばやく口の閉鎖をすることになっていたと『三藐院記』に記す。
===2.堤防===
御土居の東側は鴨川の西に沿っており、その[[堤防]]としての役割を持っていた。御土居が北へ長く延びているのは、この地域で鴨川が氾濫すると京都市街地へ水が流入してしまうためである。
===3.洛中の範囲を明らかにするため===
『拾遺[[都名所図会]]』の「'''洛中惣土堤'''」の項に『室町殿日記』から引用・紹介されている説。それによると天正18年ごろ秀吉は[[細川幽斎]]と[[里村紹巴]]を召して「洛中の境」を検分したが、東西南北いずれも明瞭でなかった。そこで秀吉は都の境界を末代まで定めることを思い立ち、平安京の歴史を幽斎に尋ねた。幽斎は「東は京極迄、北は鴨口、南は九条までを九重の都と号せり。(中略)''されば内裏は代々少しづつ替ると申せども洛中洛外の境は聊かも違うことなし。''(中略)この京衰え申、ややもすれば戦場となるにつけて、万民跡を止めず都鄙の往来無きによりて自ずと零落す」と答えた。これを聞いて秀吉は'''「さあらば先ず洛中洛外を定むべし」'''と大名に命じ惣土堤を築かせたという。つまり荒れ果てた京都を復興するためまずその範囲を定めようと御土居を建設したことになる。
===その他の目的===