「ジョン・ベイツ・クラーク賞」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジョン・ベイツ・クラーク賞'''('''John Bates Clark Medal''')は、[[1947年]]以降[[アメリカ経済学会]]が隔年で授与している[[経済学]]賞である。賞の名前は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]における[[近代経済学]]の創始者である[[ジョン・ベイツ・クラーク]]([[コロンビア大学]]教授、1895-1913)に因む。対象となるのは40歳以下のアメリカの[[経済学者]]であり、隔年(2010年から毎年)且つ生涯に一度しか受賞できないことから、アメリカの経済学者にとっては、ノーベル経済学賞より受賞が難しいとも言われている。2009年現在で、受賞者総数31名中12名(39%)が後に、ノーベル経済学賞を受賞していることから、数ある経済学賞の中でも最もノーベル賞に近い賞とされている。経済学における最高の賞の一つである。
 
第1回受賞者の[[ポール・サミュエルソン]]以下、[[ミルトン・フリードマン]]、[[ゲーリー・ベッカー]]、比較的最近の例では[[ジョセフ・E・スティグリッツ]]、[[ジェームズ・ヘックマン]]といった面々が受賞している。
匿名利用者