メインメニューを開く

差分

== 生涯 ==
=== 青年期 ===
[[寛喜]]3年([[1231年]])、[[安達義景]]の3男として誕生。母は[[甲斐源氏]]の一族[[伴野時長|伴野(小笠原)時長]]の娘。父義景は22歳、2人の兄がいるが、泰盛は当初から安達氏嫡子の呼び名である「九郎」を名乗っており、安達家の跡継ぎとして周知されていた。[[元服]]後に名乗った[[諱]]「'''泰盛'''」の「泰」の字は、第3代[[執権]][[北条泰時]]から[[偏諱]]を拝領したものであろうから、泰時が没する[[仁治]]3年([[1242年]]) までに元服が行われたと考えられる。とは言っても、泰時にとって晩年期であり、実際には、泰時の孫で泰盛の従兄弟にあたる5代執権[[北条時頼|時頼]]とほぼ同世代である(泰盛は時頼より4歳年少である)。一方「盛」の字は、時頼の[[外祖父]]として幕府での権勢を強めていた祖父の[[安達景盛|景盛]]より[[偏諱|1字]]を与えられたものである。
 
『[[吾妻鏡]]』の初見は15歳の[[寛元]]2年([[1244年]])6月17日条で、父義景の代役で[[大番役]]を務める[[上野国]]の御家人らの[[番頭]]として上洛した記録である。弓馬に優れた泰盛は将軍興行の遠[[笠懸]]、[[犬追物]]などの射手として頻繁に名が見える。泰盛17歳の[[宝治]]元年([[1247年]])、有力御家人[[三浦氏]]と[[執権]][[北条時頼]]の対立による[[宝治合戦]]が起こり、祖父[[安達景盛|景盛]]の叱咤を受けた泰盛は、安達家の命運を賭けた戦いの先鋒として戦った。三浦氏の滅亡により、執権北条氏の外戚として時頼政権を支える安達氏の地位が確立した。
匿名利用者