「名探偵コナン 14番目の標的」の版間の差分

編集の要約なし
; 仁科 稔(にしな みのる) - 2
: 声 - [[鈴置洋孝]]
: 料理エッセイスト。37歳。過去に犯罪ルポライターをしており、村上丈の事件を取り上げていた
: キザな性格で外見も丁寧に繕っているが、実際は味音痴でワインの知識にも疎いらしく沢木からも指摘されていた。また、金槌のため水が苦手で、海面を走るモノレールの上からでも冷や汗をかいていた。奈々に味覚を疑われ口論となり、土産に持参したワインの銘柄を当てるブラインド・テイスティングで勝負をしたが、高級ワインであるシャンベルタンを挙げてしまい、(正解はムーラン・ナ・ヴァンを長期熟成させたボジョレー)、笑われる結果となった。村上に狙われていることを聞かされ、最も小五郎に怒りをぶつけていた。
; ピーター・フォード(Peter Ford) - 4
: 声 - アンディ・ホリィフィールド
: ニュースキャスター。40歳。村上丈とは面識が無い
: 紳士的な外国人で、片言の日本語で喋っている。陽気な性格で冗談好きだが、子供のコナンを引っ張っていこうとするなど正義感は強い。村上に襲われる立場にあっても毅然とした態度を崩さず、宍戸と同様に慌てる素振りは見せていない。女遊びが好きらしく、英理との食事中に、十和子のクラブで若い女性たちに囲まれて遊んでいる姿をコナンたちに目撃されている。予告では、フォードがワインを飲んだ直後に苦しむシーンが挿入されていたが、実際には毒を盛られたふりをしただけの冗談であった。
; 宍戸 永明(ししど えいめい) - 6
: 声 - [[内海賢二]]
: カメラマン。45歳。村上丈を撮影したことがあり、面識がある
: 豪快な性格で口が悪いため、初対面(航空博物館で会っているが話すのは初めて)のコナンを小僧と呼び嫌がられてしまう。また、挑発めいた言動を繰り返すなど態度も大きいことから、目暮警部に咎められるが、村上に襲われる立場にありながらも動揺した素振りは見せていない。しかし、泳げない仁科に対して「俺が連れていってやる」と発言したり、少年探偵団の写真を撮って喜ばせたりするなど、優しい面も持ち合わせている。高級ワインにも興味があるが、一同が飲もうとしたときは缶ビールの方を選んでいた。
; 小山内 奈々(おさない なな) - 7
: 声 - [[岡本麻弥]]
: 人気モデル。21歳。村上丈とは面識が無い
: 旭から一同と同様に招待されるが、フランス製の高級なマニキュアも一緒にプレゼントされている。高飛車な性格で、仁科が紹介した店を批判して口論となり、ブラインド・テイスティングが失敗したら、さらに挑発を繰り返している。また、運転も荒っぽく駐車場に車を停める際に、勢いよく走行してコナンたちを驚かせた。宍戸とは知り合いで、「宍戸先生」と呼んでおり、宍戸からは「奈々ちゃん」と呼ばれている。3ヶ月前に前方不注意でバイクを転倒させており、それが村上から狙われる原因かもしれないと考えていた。
; 沢木 公平(さわき こうへい) - 8
: 声 - [[中尾隆聖]]
: 仏料理店「ラ・フルール」のソムリエ。36歳。村上丈とは面識が無い
: 小五郎や英理とは古くからの友人。温和で紳士的な性格だが、ワインに対する知識と情熱は凄まじく、奈々が持参したワインの銘柄をいとも簡単に当てるなどソムリエの実力は一流。いつか自分の店を開くのを目標にしている。趣味はワインの収集で、自宅のワインクーラーには宝物のシャトー・ペトリュスを始め高級ワインを数多く所持し、山梨の実家にも数百本のワインが貯蔵されている。旭からレストランの経営を打診され会う約束をしていたため、ガードも兼ね、コナンたちを「アクアクリスタル」へ連れて行った。
; 旭 勝義(あさひ かつよし) - 9
; 辻 弘樹(つじ ひろき) - 10
: 声 - [[谷口節]]
: プロゴルファー。36歳。村上丈とは面識が無い
: ヘリコプターの操縦免許を取得しており、自家用機も所有している。小五郎の関係者が襲撃されているため、飛行を中止するよう要請されるが、それを断り、小五郎と目暮警部を乗せて飛行を開始してしまう。だが、米花町上空を飛行中、目の異常を訴え墜落の危機を迎えるが、こっそり搭乗していたコナンの活躍により無事に着陸させることに成功した。その後の検査で、何者かが目薬をビタミン剤から虹彩炎用の散瞳剤にすり替えていたことが判明。このことで、全米オープンをキャンセルすることになってしまった。
 
匿名利用者