「キュウリ」の版間の差分

生のまま[[味噌]]をつけて齧ったり、[[サラダ]]、[[寿司]](かっぱ巻き)、[[酢の物]]、[[和え物]]、[[塩揉み]]などで供されるほか、[[ピクルス]]、[[オイキムチ]]、かっぱ漬け、[[奈良漬け]]、[[醤油漬け]]などの[[漬物]]の材料として使われる。日本の料理で加熱調理されることは少ないが、[[中華]]では煮物や炒め物としても利用される。トルコ料理の[[シャジュク]]、スペイン料理の[[ガスパチョ]]など、スープにして食することも多い。
 
キュウリの調理の際には表面を滑らかにして色を鮮やかにするため、[[塩]]を降った[[まな板]]の上に塩を降りで、転がすようにして塩を擦りこむ板摺り(いたずり)と呼ばれる調理法が用いられることも多い。
 
最近では、キュウリの表面に出る[[ブルーム (果実)|ブルーム]](白い物質)が、[[農薬]]とまぎらわしいという理由で嫌がられ、'''ブルームレスキュウリ'''が多く作られている。ブルームの無い[[ブルームレスキュウリ]]は通常のキュウリと比べ皮が固い。そもそもこのブルームは、キュウリの水分が蒸発するのを防ぐ働きをしている物質であるのだが、ブルームレスキュウリは通常のキュウリより味が落ちると考える人も多い。ブルームレスキュウリは専用に育種した[[カボチャ]]を台木として、[[接ぎ木]]することによって作成できる。
 
採れたばかりのキュウリには[[バラ|薔薇]]のとげのようなイボがあり、素手で触ると痛い。このイボは鮮度が失われるにつれて硬さを失っていくため、このことからキュウリの鮮度を見分けるための目安にもなる。イボの部分に雑菌などが付く恐れがあるため、近年ではイボの無い品種も開発されている。
匿名利用者