「ミラージュ2000N (航空機)」の版間の差分

フランス空軍では戦略爆撃機として[[ミラージュIV (航空機)|ミラージュIV]]を[[1964年]]から運用していたが、[[1980年代]]に入ると機体の旧式化が進んだことから、後継機が必要となり始めていた。このためフランス空軍は、ダッソー社が開発中のミラージュ2000の発展型を後継機とすることを決め、[[1979年]]に侵攻攻撃機型ミラージュ2000P試作機2機の試作契約をダッソー社に与えた。なお、機体名称はすぐに核攻撃力付与を意味するミラージュ2000Nに変更された。
 
ミラージュ2000Nは、ミラージュ2000Bの機体フレームを活用した核攻撃能力を備える複座機として開発が進められ、機首[[レーダー]]にはダッソー・エレクトロニク社とトムソンCFS社が共同開発したアンテロープ5を搭載。このほか、サジェム慣性プラットフォーム2基、AHV-12[[電波高度計]]2基、ヘッド・ダウンCRT表示装置、セイバー妨害システムによる統合対抗手段システム(ICMS)、セルバル・[[レーダー警報受信機|レーダー警戒受信機]](RWR)、スパイラル自動[[チャフ]]/[[フレア (兵器)|フレア]]・ディスペンサーなどを装備している。ミラージュ2000Nに搭載されているアンテロープ5レーダーは、低空飛行および対地攻撃向けレーダーで、地形追随/地形参照機能を有し、高性能のグラウンド・マッピング・モードを有する。このため、亜音速で対地高度60mを維持しての[[オートパイロット|自動操縦]]飛行能力を備えているとされる。
 
ミラージュ2000N初号機は[[1983年]][[2月3日]]に初飛行し、フランス空軍は75機を発注。このうち最初の31機は[[核弾頭]]搭載可能な長射程[[巡航ミサイル]][[ASMP (ミサイル)|ASMP]]携行専用機で、'''ミラージュ2000N-K1'''と呼ばれ、32号機以降は通常兵器も携行可能にした複合任務機'''ミラージュ2000N-K2'''として区別される。
匿名利用者