「朝治武」の版間の差分

編集の要約なし
 
卒業後、大阪府内の地域部落史などの編纂を経て、[[1982年]]から大阪人権歴史資料館(現大阪人権博物館)に学芸員として勤務。2001年、『水平社の原像』(解放出版社)の中で「部落民宣言」をおこなう<ref>[http://eigaku.blog.ocn.ne.jp/jyosetu/2007/11/post_cbe5.html 部落学序説 2007/11/07 朝治武著『水平社の原像』にみる部落史個別研究の限界(その1)]</ref>。
 
妻の石橋友美は、[[釜ヶ崎]]で活動する、生活保護受給者による紙芝居劇団「むすび」のマネージャー。
 
==著書==
匿名利用者