メインメニューを開く

差分

m
+{{出典の明記}}, +{{Commonscat}}, link fix
{{出典の明記|date=2013年8月}}
[[ファイルFile:icecore_4.jpg|thumb|300px|right|280px|ドリル掘削機で得られた氷床コア]]
'''氷床コア'''(ひょうしょうこあ)コア、[[英語]]:ice core)は[[氷床]]から取り出された筒状の氷の柱である。
 
氷は下に向かうにつれて古くなり、過去に降り積もった雪を保存している。氷床コアはコア掘削機によって[[南極]]や[[グリーンランド]]など様々な[[氷床]]・[[氷河]]の深層に向かって掘り出されており、樹木の[[年輪]]や[[堆積物]]の[[年縞]](年に一枚ずつ縞状に堆積したもの)など他の自然物の記録のように、[[気候]]に関する様々な情報を含んでいる。その記録は([[地質学]]的には)短い時間だが、高精度の情報を得ることが出来る。
 
== 氷床コアの記録 ==
[[ファイルFile:Vostok-ice-core-petit.png|thumb|right|220px|ボストークコアより復元された過去42万年の二酸化炭素濃度(緑)、再現された温度(青)と塵(赤)を示すグラフ。横軸は時間(年)]]
 
氷床コアを構成する氷中に含まれる酸素などの[[安定同位体]]の分析は、気温と世界的な[[海水準変動|海水準の変化]]と対比することができる。氷の気泡に含まれる含有大気を分析することによって、特に[[二酸化炭素]]等の大気組成を明らかにすることができる。[[火山]]の[[噴火]]によって同定できる特徴的な火山灰も記録されている。[[ベリリウム]]10の集積は、[[宇宙線]]の強度の変化と深い関係があり、それは太陽活動の指標となる。含まれる塵(風成塵)は[[砂漠化]]の度合いや風の強さと関係が深い。
 
== 代表的な氷床コア ==
=== ボストーク(Vostok )(Vostok) ===
[[南極]]の[[ボストーク基地]]で掘削された最も長いコア。その年代は42万年前までさかのぼり、4つの[[氷期]]サイクルを明らかにしたが、掘削は[[ボストーク湖]]の直上でストップした。このコアは氷床の頂上では掘削はされておらず、斜面上方から流れ出る巨大な氷のため、わずかに年代決定や解釈が複雑になる。
 
ボストークのデータはNOAAのサイト[http://www.ngdc.noaa.gov/paleo/icecore/antarctica/vostok/vostok.html]で公表されている。
 
=== EPICA/Dome C(ドームC) ===
[[ファイルFile:EpicaEPICA do18delta D plot.pngsvg|thumb|right|220px|EPICAとボストークコアの比較]]
 
[[南極]]のEPICAコアは、南緯75°東経123°(ボストークから560km離れている)の標高3,233mで掘削された。ドームC基地のすぐ近くである。この地点の氷の厚さは3,309+/-22mで、コアは深度3,190mまで掘削された。現在の年平均気温は-54.5℃で、雪の集積速度は25mm/yである。このコアについての情報は Nature(2004/June/10)で最初に報告された。
 
上の図は、EPICAとボストークから得られたδ<sup>18</sup>Oデータ(気温の指標。気温と負の相関がある)を示している。上のプロットはX軸が(1950年以前)の時間で、明らかにEPICA コアがボストークより昔の記録を示している。下のグラフは深度に対してプロットされており、コアの深部ではどの程度圧縮されているかを示す。EPICAコアの初期10万年はコアの底部100mに相当する。このコアは[[ブリュンヌ/松山境界]](およそ78万年前)までさかのぼる解析が進むことが期待されている。
 
=== ドームふじ ===
南極大陸の[[ドームふじ観測拠点]]において、日本隊も氷床ボーリングを行っている。この基地の位置は、氷床最高部にあるため、氷床下部においても、側方への流動が少なく良好な試料を得ることができる。第二期ドームふじ深層掘削計画によって3035.22mの氷床コア掘削を完了している。当初、最深部の氷の年代は100万年前と期待されたが、約72万年前ということが判明した。この原因は大陸岩盤からの熱が氷の融解を引き起こしている可能性が高いと考えられている。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Ice cores}}
* [[氷河期]]
* [[海水準変動]]
* [[考古資料]]
 
{{Chronology}}
== 参考文献 ==
{{Climate-stub}}
 
== 外部リンク ==
{{節stub}}
 
{{Climate-stub}}
{{Chronology}}
{{DEFAULTSORT:ひようしようこあ}}
[[Category:気候学]]