「九去法」の版間の差分

m
→‎何故うまくいくのか: 分数の場合を追記。
m (→‎何故うまくいくのか: 分数の場合を追記。)
計算結果が誤っていても正しい値と誤った値の差がちょうど9の倍数であれば9で割った余りが一致してしまうからである。
 
分数の計算、分数を小数で表現が一意したとき[[有限小数]]定まらいためる場合は九去法を使えるが[[循環小数]]になる場合は九去法を適用でき使えない。
 
== 歴史 ==