「人工心臓」の版間の差分

編集の要約なし
埋め込み型の補助人工心臓も開発されている。[[2006年]]、[[ロータリーポンプ]]を応用したサンメディカルの[[エバハート]]の[[治験]]が開始された。エバハートはモックの耐久性試験や慢性動物実験で良好な成績を収め、特に動物実験では世界記録レベルの耐久性を持ち、欧米であれば、既に臨床で市販されるだけのデータを持っているが、日本では、エバハートによる治験中の死亡事例も報告されている。うち1件は、エバハートにより[[横隔膜]]を破り胃穿孔を生じさせたものとされている<ref>週刊文春 2009年1月29日号</ref>。
 
同じくロータリーポンプを応用した[[テルモ]]のデュラハートは、欧米でのみ、治験が行われていたが、その後、日本でも販売が認可された
 
2012年には[[東北大学]]の研究チームが、磁気を利用することで電源をワイヤレス化した、完全に埋め込める人工心臓用のポンプを開発したと発表した<ref>[http://news.mynavi.jp/news/2012/04/19/141/index.html 東北大、体内に完全埋め込み可能なワイヤレス型人工心臓用ポンプを開発]</ref>。完全に埋め込み出来るサイズではあるが、人間の心臓とほぼ同等の流量と圧力を実現しており、動物実験でも動作が確認されている。ワイヤレス技術を担当する石山和志らのグループは、[[カプセル内視鏡]]を磁気で移動させる技術などを開発しており、その技術が導入されている。研究チームではこのポンプを利用した、完全埋め込み型の補助人工心臓の開発を目指している。
1

回編集