「アルファロメオ・33」の版間の差分

編集の要約なし
| 販売期間=[[1983年]] - [[1994年]]
| ボディタイプ=5ドア [[ハッチバック]]<br />5ドア [[ステーションワゴン]]
| エンジン='''ガソリン'''<br />1.3L/1.4L/1.5L/1.7L [[水平対向4気筒]]<br />1.7L [[直列4気筒]]<br/>'''ディーゼル'''<br />1.8L [[直列3気筒]] [[ターボチャージャー|ターボ]]
| トランスミッション=
| サスペンション=
[[アルファロメオ・アルファスッド|アルファスッド]]の後継車種として、1983年にまず[[ハッチバック]]モデルが登場。アルファスッドとは[[プラットフォーム (自動車)|プラットフォーム]]や一部の部品を共有している。
 
エンジンはアルファスッドから引き継がれた1.3L/1.4L/1.5Lの[[水平対向4気筒]][[OHV]]ガソリンエンジンと1.8Lの[[直列3気筒]]OHV[[ディーゼルエンジン]]。ガソリンエンジンにはシングル[[キャブレター]]仕様、ダブルキャブレター仕様、[[燃料噴射装置|インジェクション]]仕様が存在し、このスモールボクサーエンジンは後継車種となる[[アルファロメオ・145]]/[[アルファロメオ・146|146]]にも引き続き搭載された。
 
デザインはチェントロスティーレ(アルファ・ロメオのデザインセンター)所属のエルマンノ・クレッソーニが担当。
1986年、1.7Lエンジンを追加するとともに、[[アルファロメオ・75|75]]に準じた内装に変更。
 
1989年、マイナーチェンジ。フロントが[[アルファロメオ・164|164]]と同様のデザインに変更され、[[直列カムシャフト|4気筒カム]][[OHC]]([[DOHC]])[[マルチバルブ|16バルブ]][[シリンダーヘッド|ヘッド]]化を受けた1.7Lエンジンの出力が137bhpに向上した。また、4WD仕様には新開発の4WD機構(パーマネント4、後のQ4)が搭載された。
 
 
|-
| rowspan="8"| ガソリン
| rowspan="78"| 水平対向<br />4気筒
| rowspan="7"| [[OHV]]
| rowspan="2"| 1.3L
| 117bhp
|-
| [[DOHC]]
| 直列4気筒
| DOHC
| 16バルブ
| インジェクション
匿名利用者