「カルバニア物語」の版間の差分

: タンタロットの傍系に当たるバスク領の領主。保守的な性格。女性であるエキューの爵位継承についてもかつては良く思っていなかった。次期タンタロット公爵の座を狙ってリアンダと政略結婚し、息子フランを儲けるも、タニアの女王即位によってエキューが爵位を継ぐ可能性が高まり挫折、リアンダと離婚後はフランの存在を無視していた。リアンダとの結婚前から酒場の女給だったアンヌと親密に付き合い、一男一女を儲けている。いくつかの出来事を経てエキューとのゆるやかな和解の後、現在はエキューの後見者として影に日向に彼女を補佐している。
: 生まれながらに領主の一族として生活してきたせいか、その時の感情の勢いに任せて発言し、失態を招くということがある。また買い物は下手で公爵夫人となるナタリーに売り込みをする際に買い物する時もホルグの女領主ニコールが協力してはじめて宣伝になったほど無骨かつ不器用な性格である。
: また空気を読まないし、他人にも無理(または理不尽)なことを言ったりする。実際にメイド達に「きちんと働かないならおれはいつだって誰だって叩き出すからな!」と言い、さらに「それはお前も同じだぞ アンヌ!メイドにきちんと自分の役割をやらせるんだ」と言っているが、元々酒場の女給として使われる身分と立場の人間であったアンヌにそんな事ができるはずもなく、教科書や先輩の夫人など用意してアドバイスさせたりといった事もしていないのに怒りに任せてかなり無茶な事を新人領主夫人のアンヌに対して言っていた。
; フラン・バスク
: タキオとリアンダの息子。バスクの嫡子。生まれて間もなく母リアンダがタキオと離婚したため放置され、使用人のカフによって育てられた。丈夫で色つやがよく明るい性格。一見おとなしく従順に見えるが、芯は逞しい子。
; アンヌ・バスク
: タキオの後妻。かつては酒場の女給だったところをタキオと知り合い、一人息子のアトスを設け、後にタキオの部下にしてフランの養い親のカフとその父ハルの協力でめでたくバスクの領主夫人に。
: 自分達と同じ庶民であり、何の身分もない者に仕えたくないと、バスクの領主館で働くメイド長ジャンヌをはじめとする部下のメイド達から息子のアトス共々、徹底的に無視されるという一種のイジメを受けるが、それでも女給として働いた経験上、働く女性の苦労が理解できるので彼女達をクビにはせず、カルバニアに住むエキューの所で働くメイド達と入れ替えるという提案をするなど、実子であるフランを養育費も渡さずに使用人のカフに押し付けた自己中心的なリアンダと違って常に周囲に気を配り、鈍感で空気を読まないタキオをサポートしていく優しく忍耐力のある夫人。この物語の中では数少ない人格者の一人でもある
; アトス・バスク
: アンヌとタキオの息子にしてフランの異母兄弟。リアンダとの愛のない夫婦生活よりも愛するアンヌとその息子であるアトスを溺愛し、正妻の子であるフランを無視してカフに育てさせるタキオにはいつも悩んでいた。
; ジャンヌ
: タキオやフランといったバスクの領主一族が住む館のメイド長。メイドとしての腕は高いが同時に非常にプライドが高く、視野が狭い。かつては酒場の女給だったアンヌをタキオと結婚して領主夫人となっても絶対に認めず、タキオに酒場の女を勧めたとして、カフと父のハルをも裏切り者扱いして敵視していた。さらに彼女とその部下のメイド達はアンヌとその息子アトスを徹底的に無視(アトスに関しては罵倒)していた。
: 後にそのことがタキオに発覚して、当然ながら領主夫人の言うことを聞かない部下のメイドはみんなクビにすると宣告された時は自業自得であるにもかかわらず被害者ぶって両手でに手当て覆って泣いていた(ちなみにそんなことがあっても、ジャンヌの部下のメイド達はアンヌを無視し続けた。詳細はカルバニア物語の11巻の169ページを参照>)
: 幸い優しいアンヌの計らいにより、公爵邸のメイド達の一部とジャンヌたちを入れ替えてみたらどうかという提案が起こり、カルバニアに転属された。この時アトスは「カルバニアから来たメイドさんやさしいなー。消えろ私生児!!とか言ったりしないんだー幸せ…♡」と言っており(カルバニア物語11巻176ページを参照)、感激のあまりに涙を浮かべて喜んでいた。彼の喜び方からしてジャンヌと配下のメイド達が普段からどれほど陰湿ないやがらせをアンヌとアトス親子にしていたのかが伺える。
: 後にエキューの傍若無人ぶりに愛想を尽かして反省しているのでバスクに戻してほしいと、たまにアンヌ夫人に懇願しているが、都会の水に洗われ、年が経つごとに痩せて美しくなるジャンヌをアンヌはバスクに戻すつもりはないらしい。もちろん善意によるもので過去に受けたイジメを根に持っているわけではない。
; ハイゼン侯爵
匿名利用者