「ZELDA (バンド)」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q13574879 に転記)
== 来歴 ==
*[[1979年]]、日本のガールズ・パンク・バンドの先駆けであったBOYS BOYSのベーシスト小嶋さちほを中心に結成。[[ロフト (ライブハウス)|新宿ロフト]]で初ライブを行う。
*[[1980年]]3月、小嶋が発行していたミニコミ「チェンジ2000」に出したメンバー募集に応募してきた高橋佐代子が[[ボーカル]]として加入する。二人が最初にあったのはストラングラーズの来日公演である。当時高橋は中学生であった高橋は上下黒づくめの服であったと小嶋は後のインタビューで述べている。同年12月、インディーズ・レーベルのジャンク・コネクションより1st.シングル『ASHU-RA』をリリース。
*[[1981年]]、ソノシート『ZELDA』をリリース。
*メジャーデビューは[[1982年]][[8月25日]]、日本フォノグラム(後のマーキュリー・ミュージックエンタテインメント。現在は[[ユニバーサルミュージック (日本)|ユニバーサルミュージックK.K.]]に吸収)よりアルバム『ZELDA』とシングル『ミラージュ・ラヴァー』を同時リリース。プロデュースは[[LIZARD]]のモモヨであった。なお、当時のメンバーは小嶋(チホ)、高橋(サヨコ)と鈴木洋子(ヨーコ:ギター)、野沢久仁子(マル:ドラム)の四人。
*[[1983年]]に、ギターが鈴木から石原富紀江(フキエ)、ドラムが野沢から日本女子大学在学中の小澤亜子(アコ)に交替。石原はハードロック出身であるにも関わらず、テクニック面では「ヘタウマ」であったが、これが当時のZELDAの雰囲気に適合した。また石原のハーモナイザーを使用した独特のキラキラした音色と、インド音階を上手に組み合わせた中近東的なソロは、現在でも革新的である(ライブアルバム「Dancing Days」で堪能できる)。そして[[ジャパン (バンド)|ジャパン]]の[[スティーヴ・ジャンセン]]を師と仰ぐ(雑誌「キーボードスペシャル」創刊号より)、小澤は、古今のロックバンドのドラマーには珍しく16ビートを基調とした端正かつタイトなドラミングであり、[[シーケンサー]]の操作や[[シンセサイザー]]の音色作りにも習熟していた。そして、[[ムーンライダーズ]]の[[白井良明]]をプロデューサーに、ゲストに[[鈴木慶一]]を迎えて2nd.アルバム『CARNAVAL』をリリース。ZELDAはニューウェイヴバンドとして不動の地位となった。
*[[1984年]]には小嶋、高橋の二人が別ユニット『'''[[招き猫カゲキ団]]'''』としても活動、同年9月、アルバム『第一歌曲集』をリリース。アコースティックの脱力系昭和レトロ、唱歌的要素を持ったユニットであり、聞き手に緊張を強いた当時のZELDAとは正反対の音楽であった。
*[[1985年]]に所属レコード会社をCBSソニー([[ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)|ソニー・ミュージックエンタテインメント]])に移籍。前作同様、白井良明プロデュースの3rd.アルバム『空色帽子の日』をリリース。
*[[1986年]]公開の映画『'''[[ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け]]'''』に、メンバー全員が出演(バンド・ZELDAとして)。
81

回編集