「土井利厚」の版間の差分

テンプレート、本文改変、カテゴリ改変
m (→‎関連項目: カテゴリ追加)
(テンプレート、本文改変、カテゴリ改変)
'''土井 利厚'''(どい としあつ、[[宝暦]]9年([[1759年]]) - [[文政]]5年[[6月24日 (旧暦)|6月24日]]([[1822年]][[8月10日]]))は、[[江戸時代]]後期の大名、[[老中]]。[[下総国|下総]][[古河藩]]第3代藩主。土井家宗家10代。
 
[[摂津国|摂津]][[尼崎藩]]主・桜井[[松平忠名]]の四男。古河藩主[[土井利見]]の養嗣子となり、はじめ'''利和'''(としかず)と名乗る。正室は[[板倉勝清]]の養女([[板倉勝暁]]の娘)。子に[[土井利之]](次男)、[[土井利広]](三男)、娘([[細川立之]]正室)、娘([[永井直興]]室)。[[従四位]]下侍従・大炊頭。
 
== 生涯 ==
古河藩主[[土井利見]]の養嗣子となり、はじめ'''利和'''(としかず)と名乗る。利見が相続後1ヶ月足らずで没した後襲封し、その後45年の長きにわたり古河藩主となった。この間、[[寺社奉行]]、[[京都所司代]]、[[老中]]などの重職を歴任し、1万石の加増も得た。土井家から老中が出たのは[[土井利房|利房]]以来のことであった。
 
利厚には跡継ぎがいなかったため(嫡子の利広は早世)、分家の[[三河国|三河]][[刈谷藩]]から藩[[土井利徳]]の四男・[[土井利位|利位]]を養嗣子に迎えた。
 
==略歴==
 
== 関連項目 ==
*[[ニコライ・レザノフ]] - 老中在職中に交渉を担当した。
 
{{先代次代|古河土井家(土井宗家)|第10代当主|1777年 - 1822年|[[土井利見|利見]]|[[土井利位|利位]]}}
{{京都所司代}}
{{先代次代|古河土井家(土井宗家)|第10代|[[土井利見|利見]]|[[土井利位|利位]]}}
{{古河藩主|土井氏|3代|1777年 - 1822年}}
{{京都所司代}}
 
{{DEFAULTSORT:とい としあつ}}
[[category:土井氏|としあつ]]
[[category:桜井松平氏]]
[[Category:譜代大名古河藩主]]
[[Category:江戸幕府寺社奉行]]
[[Category:京都所司代]]
[[Category:1759年生]]
[[Category:1822年没]]
[[Category:古河市の歴史]]