「三島古墳群」の版間の差分

m
*[[今城塚古墳]] 国の史跡
:6世紀前半、古墳時代後期の古墳。総長約350m・総幅約340mの前方後円墳。淀川流域最大の墳墓。
*[[塚原古墳群 (高槻市)|塚原古墳群]]
:6世紀中頃〜7世紀中頃の古墳群。かつては15群・約110基を数えたが、現在では約40基が残る。塚原八十塚と呼ばれ、[[ウリアム・ゴーランド]]によって世界に紹介され、古墳研究の先駆けとなった古墳群。
*塚脇古墳群
:6世紀後半〜7世紀の古墳群。約50基の古墳で構成されている。
128

回編集