「航空路」の版間の差分

編集の要約なし
'''航空路'''(こうくうろ)とは、[[航空機]]が飛行していく方向や飛行する[[高さ|高度]]を決めて、安全に航行できるようにした空の[[道]]を指す。[[航路]]とも表記する。A1<br />航空機はG581、V28、W33などのように、1文字の英字と1桁出発する空港から3桁到着する空港まで一直線に飛ぶ数字ではなく、自動車や鉄道と同様よって名前がつけ決められたルートが存在する。<br />
A1、G581、V28、W33などのように、1文字の英字と1桁から3桁までの数字によって名前がつけられる。
 
== 航空路の種類(航法別) ==
=== 通常の航空路 ===
航空機は、出発する空港と目的地の空港を一直線に結んだ航路を飛ぶわけではなく、1つあるいは複数の航空保安無線施設を経由したルートを飛行する。'''通常の航空路'''は、航空保安無線施設([[超短波全方向式無線標識|VOR]]や[[無指向性無線標識|NDB]])同士を直線で結んだ経路として公示される。このような航空路は、2つの航空保安無線施設間に1つしか設定できない。そのため、特定の航空路に航空機が集中することも多い。
 
=== RNAV経路 ===
338

回編集