「チョリソ」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 28 件をウィキデータ上の d:q23374 に転記)
細かく刻んだ豚肉に[[塩]]を混ぜ、[[ニンニク]]や[[パプリカ]]などの[[香辛料]]を加えて[[腸]]に詰め、干して作る。パプリカをたっぷり使うため、赤い色をしていることが多い。また、辛さに応じてピカンテまたはドゥルセに分類される。多くの場合は豚肉が用いられるが、ごく一部に[[牛肉]]・[[鶏肉]]・[[羊肉]]で作られたものもある。
 
[[スペイン料理]]を特徴づける食材であり、生のままスライスしてボカディージョ([[:es:Bocadillo (pan)|Bocadillo]])の具としてパンにはさんだり、[[酒]]などの[[おつまみ]](タパ)にしたり、[[サンドイッチ]]にはさんで食べることも多い。具材として用いる際には、腸詰めの形をそのまま使うのではなく、細かく切ったり中身を取り出してほぐして使うこともしばしば行なわれる。また、[[レンズマメ豆|豆類]][[ヒヨコマメ]]などの[[豆|豆類]](garbanzo)と一緒に煮込んで煮込み料理のガルバンサーダ([[:es:Garbanzada|Garbanzada]])や[[レンズマメ]]との煮込み料理レンテハス・コン・チョリソ([[:es:Lentejas con chorizo|Lentejas con chorizo]])、コシード([[:es:Cocido|Cocido]])や、[[ファバーダ]]、ポタヘ([[:es:Potaje|Potaje]])、[[モツ]]煮込み料理のカージョス(特に{{仮リンク|マドリード風カージョス|es|Callos a la madrileña}})などの具材に使用したり、カルド([[:es:Caldo|Caldo]])などのスープにも入れられる。また小さいものやチョリソ・クリオージョ([[:es:Chorizo#Chorizo en Venezuela|Chorizo criollo]])などは焼いたり、また上記のような様々な料理の具材としても用いられる。
 
[[16世紀]]にスペインが[[ラテンアメリカ|中南米]]を征服して以降、このチョリソは[[中南米]]にも伝わり根付いた。今では[[メキシコ料理]]などの中南米の食文化にも欠かせないものとなっている。例えば、[[メキシコ]]では[[トルティーヤ]]や[[ブリトー]]にチョリソを挟んで食べることが多い。また、特に[[トルーカ]]でチョリソ作りが盛んであり、[[トマティーヨ]]、[[コリアンダー]]、[[唐辛子]]、[[ニンニク]]を入れた、緑のチョリソーが名産である。
22,737

回編集