「ダールマンツヤクワガタ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (INeverCry によってCommonsから削除された Lucanidae.jpg を除去。理由: Per commons:Commons:Deletion requests/Files uploaded by Anaxibia.)
m
 
==飼育==
発酵の進んで黒っぽくなったマットやカブト用のマットを小型のコンテナに3~5cm3-5cmほど堅くつめ、さらに容器の7割程度の深さになるまでマットを追加する。このときマットの水分量は、手で握って固まりになる程度を目安とする。このセットで容易に産卵できる。幼虫は大食漢で巣を作り、菌糸ビンの残りや使用済みマットなどを与えるとよい。また前蛹時に繭玉を壊してしまうと死亡する確率が高くなる。成虫までの期間は、雄は、11.5年~25-2雌で1年以上もかかる。寒さに弱く、成長が遅い事を除けば、比較的飼育は簡単である。ただし、大型、大歯型のオス成虫の育てるには難易度が高く、通常の飼育をした場合大半は小歯型になってしまう。大歯型を飼育するには低温飼育や大型のケースを用いるとよい。 
 
  
 
== 亜種 ==
== 参考文献 ==
* {{Cite book | 和書 | author = | title = 人気の外国産をふくむ クワガタムシ カブトムシ 海野和男 | publisher = ネイチャーフォトグラファー | year = 2000 | id = ISBN 4415027350 }}
* {{Cite book | 和書 | author = | title = 憧れの虫を飼おう! 世界のカブト・クワガタムシ 川上洋一 | publisher = 人類文化社 | year = 2000 | id = ISBN 4415027350 }}
* {{Cite book | 和書 | author = 吉田賢治 | title = 世界のクワガタムシ カブトムシ | publisher = 成美堂 | year = 2005 | id = ISBN 4415027350 }}
== 関連項目 ==
830

回編集