「阿南惟幾」の版間の差分

父・阿南尚は[[大分県]][[竹田市]][[玉来]]出身だが、[[内務省 (日本)|内務]][[官吏]]であったため、幼少時は[[東京]]・大分竹田、[[徳島]]などを転々としながら育った(ただし、本籍は竹田市にあった)。早くから陸軍[[将校]]を志望していたが、[[徳島県立城南高等学校|徳島中学校]]2年生の時に、当時[[第11師団 (日本軍)|第11師団]]長であった[[乃木希典]][[中将|陸軍中将]]の助言もあり[[陸軍幼年学校]]を受験して入校。阿南は乃木を終生の模範として仰いだ。幼年学校を経て、[[陸軍士官学校 (日本)|陸軍士官学校]](18期)・[[陸軍大学校]](30期)を卒業。陸大の試験に3度失敗したことは有名だが、卒業の席次も60人中18番と平凡なものだった。1929年(昭和4年)8月1日から1933年(昭和8年)8月1日までは[[侍従武官]]を務めたが、当時[[侍従長]]であったのが[[鈴木貫太郎]]であった。阿南は鈴木の懐の深い人格に尊敬の念を抱き、その鈴木への気持ちは終生変わるところがなかった。
 
その後侍従武官を辞して[[近衛歩兵第2連隊]]長を経て[[東京陸軍幼年学校]]長となったが、1936年(昭和11年)2月26日に[[二・二六事件]]が勃発し、鈴木侍従長も襲撃され重傷を負った。当時だった阿南は、全校生徒への訓話で「農民の救済を唱え、政治の改革を叫ばんとする者は、まず[[軍服]]を脱ぎ、しかる後に行え」と叛乱将校を厳しく批判し、軍人は政治にかかわるべきでないと説いている。8月には新設された[[陸軍省]][[陸軍省#兵務局|兵務局]]長に就任した。1937年(昭和12年)には[[陸軍省#人事局|陸軍省人事局]]長に就任した。この頃から人望や職務への精勤ぶりが徐々に評価され、政治的に無色であったことも幸いし、「同期に阿南あり」との認識が生まれていく。1939年(昭和14年)10月から1941年(昭和16年)4月には[[陸軍次官]]を務めた。この間に[[日独伊三国同盟]]に反対していた[[米内内閣]]に対して陸軍が反発し、[[畑俊六]]陸軍大臣を辞職させ、阿南ら[[陸軍三長官]]が後任を推薦しないことで米内内閣を倒したすという事件が起きている
 
=== 終戦時の陸軍大臣 ===
[[Image:AnamiKorechika.jpg|thumb|200px|侍従武官たる[[大佐|陸軍歩兵大佐]]時代の阿南。[[銀色]]の[[飾緒#大日本帝国陸海軍|侍従武官飾緒]]を佩用]]
[[太平洋戦争]]([[大東亜戦争]])末期、鈴木貫太郎に[[大命降下]]し、阿南は[[鈴木内閣|内閣]]の陸相に就任した。和平派的見解の持ち主の鈴木と、本土決戦派の代表である阿南は意見の上では閣議や戦争指導会議で対立することが多かったが、侍従武官時代からの鈴木への強い尊敬から、影では陸軍の倒閣運動を押さえ込んだりして鈴木を支えている。
日本の[[内閣]]制度発足後、現職閣僚が[[自殺]]したのはこれが初めて。その後も2007年に[[第1次安倍内閣|安倍内閣]]にて[[松岡利勝]][[農林水産大臣|農水大臣]](当時)が自殺するまで、実に62年間も現職閣僚の自殺はなかった。
 
== 家族 ==
長男(早世)、次男・惟晟([[少尉|陸軍少尉]]、[[1943年]](昭和18年)[[戦死]])、三男・惟敬(元[[防衛大学校]][[教授]])、四男・[[阿南惟正|惟正]](元[[新日本製鐵]]副社長、[[靖国神社]][[氏子]]総代)、五男・[[野間惟道|惟道]](野間家へ養子、元[[講談社]]社長)、六男・[[阿南惟茂|惟茂]](元駐[[中華人民共和国|中国]][[大使]])。 [[戦後]]しばらくし、夫人の綾子([[竹下平作]]陸軍中将の二女)は[[出家]]し[[長野県]]で夫を含む戦没者の菩提を弔う余生を送った。
 
匿名利用者