「鈴木輝一郎」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''鈴木輝一郎'''(すずき きいちろう、[[1960年]][[7月24日]] - )は、[[日本]]の[[小説家]]で[[コラムニスト]]、株式会社鈴木コテ製作所代表取締役社長。[[岐阜県]][[大垣市]]出身。[[岐阜県]][[大垣市]]在住。
 
父親は、元株式会社鈴木コテ製作所の前社長で、輝一郎が10歳のときから30年間にわたって[[大垣市]]の市会議員をつとめた。
 
== 経歴 ==
[[岐阜県立大垣東高等学校]]卒業。[[日本大学]]経済学部卒業。
 
日大卒業後、東京でゲームメーカー・[[タイトー]]に入社し、東京で営業開発・営業企画・店舗開発などに従事。だが、どこに配属されても上司との折り合いが悪く、本人いわく「無能なサラリーマンだっ
 
1988年、上司との折り合いが悪くタイトーを退社し、岐阜に帰り実家が営む鈴木コテ製作所に入社した。はじめは工場で左官コテの製造、のちに営業に従事した。2002年、父親の死去にともない社長に就任した。現在も、文筆業のかたわら、月に10日ほど営業兼社長として得意先まわりを続けている。
25歳の時、初めて短編小説を一篇書き上げ、ある小説雑誌の新人賞に応募すると、二次選考を通過していたため、「才能があるのでは?」と考え、サラリーマンをしながら小説を書き、賞に応募する日々を続ける。
[[1988年]]、実家に帰り、株式会社鈴木コテ製作所に入社。[[左官]][[コテ]]および左官工具の製造・販売に従事。父親の死後、[[2002年]]代表取締役社長に就任。現在も「兼業作家」である。
 
25歳のとき、社員旅行の話を社内報に書いたこととワープロ(専用機)を購入したことを契機に小説の執筆をはじめた。はじめて書き上げた短編小説を小説雑誌の新人賞に応募したところ予選を通過した。これ以降、サラリーマンをしながら小説を書き、新人賞への応募を続けた。
28歳でタイトーを退社して帰省した際、先に応募していた「[[オール讀物推理小説新人賞]]」の最終選考に残っていたため、期待を抱くが、受賞はならなかった。ちなみに、この時の受賞者は、[[宮部みゆき]]であり、「かち合った相手が悪かった」と述懐している<ref>『わが懐旧のイタ・セクスアリス 小説作法・小説教室』山村正夫 P.164 1998年11月 [[ケイエスエス]]</ref>。
 
「我流28歳書いていてもこれ以上は伸びないかもタイトーを退社れない」思い、[[1989年]]から[[山村正夫]]のオール讀物推理小説講座に幹線通学。[[篠田節子人賞]]の最終選考に残っていたが、受賞はらなかった。このきの受賞者は宮部みゆきであ、「かちった相手が悪かった」と述懐している<ref>『わが懐旧のイタ・セクスアリス 小説作法・小説教室』山村正夫 P.160-164 1998年11月 [[ケイエスエス]]</ref>。オール讀物推理小説新人賞では、このときを含めて最終選考に3回残ったが、結局、受賞はできなかった
 
1989年、東京で週1回、開かれる[[山村正夫]]の小説講座に岐阜から通いはじめた。ここで篠田節子らと知り合った<ref>『わが懐旧のイタ・セクスアリス 小説作法・小説教室』山村正夫 P.160-164 1998年11月 [[ケイエスエス]]</ref>。
[[1990年]]、[[星新一#星新一ショートショート・コンテスト|小説現代ショートショート・コンテスト]]に「金太郎侍」が入選。[[星新一]]から、「面白さも、たっぷり」と絶賛を受ける。
[[1991年]]『情断!』(講談社)でデビュー。[[1994年]]、短編小説「めんどうみてあげるね」で、第47回[[日本推理作家協会賞]](短編および連作短編集部門)を受賞。
 
1990年、[[星新一#星新一ショートショート・コンテスト|小説現代ショートショート・コンテスト]]に「金太郎侍」が入選し、[[星新一]]から「面白さも、たっぷり」と絶賛された。 山村正夫小説講座に講師としてきた編集者に渡した持ち込み原稿が採用され、1991年、『情断!』(講談社)でデビューした。1994年、短編小説「めんどうみてあげるね」で第47回[[日本推理作家協会賞]](短編および連作短編集部門)を受賞した。
以後、[[推理小説]]、現代小説、[[エッセイ]]、[[時代小説]]、[[歴史小説]]などで活躍している。
 
以後、[[推理小説]]、現代小説、[[エッセイ]][[時代小説]][[歴史小説]]などで活躍している。最近は歴史小説に力を入れている。
 
== 作風 ==
匿名利用者