「さめがめ」の版間の差分

編集の要約なし
'''さめがめ'''は、[[コンピュータゲーム]]の一種である。
名前の由来は[[英語]]の「sameGame gameGame」より(但し、sameは必ず定冠詞のtheTheを付けなければ文法として成立しないため、[[和製英語]]である)。
 
[[1985年]]に森辺訓章(もりすけ)が「月刊ASCII」に投稿した「ChainShot!」が元となっている。
[[1985年]][[11月]]号に「ChainShot!(もりすけ作、[[FM-8]]用)」「ChainShot!(小日向敏行による[[PC-9800シリーズ]]移植版)」が掲載された。
 
その後、地道な移植作業を経て[[1992年]]に福本栄治(響人)が[[UNIX]]版(HIUXM版)SAME GAMEをフリーウェアとして公開。
同年12月、吉岡わたる(W.Yossy)が[[PC9801]]版を公開したことを契機に、 [[草の根BBS]]を中心に日本各地に広がっていった。
 
[[1993年]]には[[Microsoft Windows|Windows]]版が、[[1994年]]には高橋健(KEN Takahashi)による[[Macintosh]]版「まきがめ」、An More Night☆による[[FMTOWNS]]版猿亀(さるがめ)」)』が公開された。
 
[[1996年]]には鮫亀の名称でゲームソフト制作会社の[[ハドソン]]によって[[スーパーファミコン]]にも移植された。「鮫亀」発売前にコマがマリオキャラクターになったUNDAKE30 鮫亀大作戦マリオバージョンが[[パイロット版]]として作られ、初心会などで使われた。コマはマリオ・タマゴ・コイン・キノコ・ファイアフラワーの5種類。販売店対抗鮫亀コンテスト参加店に配られ、ハイスコア大会の商品としてプレゼントもされた。また、[[サテラビュー]]でも配信された。
 
[[1997年]]には[[ゲームボーイ]]版が『SAME GAME』の名称でハドソンから発売をした。
[[2007年]][[4月12日]]に[[ロケットカンパニー]]より発売された[[ニンテンドーDS]]用ゲーム「わたしの[[リラックマ]]」に、さめがめの駒をリラックマのキャラクターにした「リラがめ」というミニゲームが収録されている。
 
[[2007年]][[4月12日]]に[[ロケットカンパニー]]より発売された[[ニンテンドーDS]]用ゲームわたしの[[リラックマ]]に、さめがめの駒をリラックマのキャラクターにした「リラがめ」というミニゲームが収録されている。
 
[[Ubuntu]]など[[Linuxディストリビューション]]の一部がバンドルしている。
1,003

回編集