「水府流剣術」の版間の差分

m
これら在来流派のうち、水戸派一刀流・新陰流・真陰流を一つに統合させ、新たに設立される[[藩校]]の[[弘道館]]で神道無念流・北辰一刀流とともに竹刀打込稽古をさせることを目的に、徳川斉昭は水戸派一刀流の大古敬道と新陰流の荷見守善に、水戸派一刀流・新陰流・真陰流を統合した流派を作ることを命じた。これによって天保12年([[1841年]])[[8月 (旧暦)|8月]]に成立したのが水府流剣術である。一刀流の雑賀八次郎が最初の水府流剣術指南に就任した。成立の経緯から徳川斉昭を流祖としている。
 
斉昭が水府流剣術を成立させた背景は、当時の水戸藩は、藩政改革を積極的にすすめようとする改革派と、これを阻止しようとする保守派とに分裂しており、改革派は新興流派の神道無念流・北辰一刀流を学び、保守派は在来流派を学ぶことが多かった。このような状況の中、斉昭は同じ弘道館で新興流派と在来流派を稽古させることで、改革派と保守派の対立を緩和させることを意図したと考えられている。
 
水府流成立以降も流派統合政策は続けられ、2派に分かれていた[[東軍流]]は一派に統合され、判官流は東軍流に合流し、[[新当流|鹿島神道流]]は神道無念流に合流した。