「JR北海道キハ283系気動車」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
|形式 = JR北海道キハ283系気動車
|画像 = DC283 hokuto 001.jpg
|画像説明 = キハ283系 特急「[[北斗 (列車)|スーパー北斗]]」<br/>(2001年6月27日 / [[函館本線]] [[七飯駅]] - [[大沼駅]])
|営業最高速度 = 130km/h
|設計最高速度 = 145km/h
|最大寸法 = 21,300×2,840×3,375mm
|車体材質 = [[ステンレス鋼|ステンレス]]
|編成質量 = 254.3t(6両編成)
|編成定員 = 293名(6両編成)
[[鉄道車両の台車|台車]]は制御付自然振子式の諸機構を装備するN-DT283形で、傾斜機構はキハ281系と同様の曲線ベアリングガイド式である。本系列では根室本線の急曲線と脆弱な路盤に対応するため、車体支持機構に枕梁を介在させる[[ボルスタアンカー|ボルスタ付台車]]としたうえで、[[鉄道車両の台車#輪軸操舵機構(操舵台車)|自己操舵(セルフステアリング)機構]]を組み込んだ。これは前後の軸箱に繋がれたリンクが曲線通過時に伸縮し、車軸を常に軌道と直角に保つものである。あわせて、車体の傾斜角度をキハ281系の5度から6度に拡大した。
 
これらの改良により、半径 600m以上の曲線では本則 + 40 km40km/hでの通過が可能である。振子動作を制御・指令する[[コンピュータ]]は、摩耗による[[車輪]]径の減少によって生じる車輪回転数の誤差を自動補正し、振子動作開始地点のずれを解消する機能も有している。また、運用開始当初は1編成の最大連結可能両数が9両であったが、乗車率の高さから増結が常態化したためコンピュータを改良し、現在では最大11両編成までの組成が可能である。
{{-}}
 
=== 走行機関 ===
[[ファイル:N-DMF11HZB.jpg|thumb|240px|right|N-DMF11HZB形エンジン]]
[[小松製作所|コマツ]]製の[[直列6気筒]][[ディーゼルエンジン]] N-DMF11HZA形(355[[馬力|ps]](355ps/2,100rpm)を各車とも2台搭載する。これはキハ281系と同様のものであるが、本系列の[[気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式#液体式(流体式)|液体変速機]]は変速1段直結4段・パワーオン制御([[自動車]]の[[半クラッチ]]と類似の機構)を採用したN-DW18形を装備している。これにより、中速域からの加速性能と登坂性能の向上、変速ショックの軽減が図られている。
 
=== ブレーキ装置 ===
=== 接客設備 ===
[[ファイル:JRH-kiha283 Electrical generator N-DM283.jpg|thumb|240px|right|N-DM283形油圧駆動式発電機]]
空調装置は、床置き式でヒーター内蔵のN-AU183Bとなり、腰掛下の吊下げ式電気ヒーターと合わせて[[暖房]]の強化が図られている。暖房に機関排熱を利用しないことから、温水艤装も軽減された。これらの空調装置の電源は、走行用機関に取り付けられている[[発電機]]([[交流|AC]]440[[ボルト (単位)|V]] 60[[ヘルツ|Hz]](AC440V25[[電力#交流の電力|kVA]])60Hz、25kVA)から供給される。発電機の駆動は、北海道の厳しい冬季の使用に耐えられるよう、[[Vベルト]]駆動式ではなく[[油圧]]駆動式としている。
 
[[鉄道車両の座席|座席]]はフリーストップ式の[[リクライニングシート]]で、[[鉄道車両の座席#片持ち式座席|片持支持方式]]となったため足元が広くなった。座席モケットの色調は、標準では釧路方面を象徴する「[[タンチョウ]]」柄入りのグレー地、背ずりのつかみ手は赤である。「スーパー北斗」用に投入された1998年製(2次車)の[[普通車 (鉄道車両)|普通車]]は、座席モケットの色がキハ281系同様の紫に、背ずりのつかみ手がグレーに変更された。
 
=== その他設備 ===
{{Sound|JR hokkaido kiha283 super ozora No.9 kiro282-5 minamichitose.ogg|JR北海道キロ282-5の走行音 4009D スーパーおおぞら9号|(函館本線 札幌- 千歳線 南千歳間、2001年5月11日)}}
[[車内放送|自動放送]]はキハ281系気動車と同じ仕様であるが、側面の行先表示器と先頭車前面の愛称表示器は従来の電照式[[方向幕]]から3色[[発光ダイオード|LED]]式に変更された。側面の行先表示器にはタンチョウが飛び立つ様子を表した簡易アニメーションが発車時に、[[車内案内表示装置]]には列車の現在位置を示す簡易アニメーションが走行中に表示される。
 
Image:JRN DC283 M282-2000 20080424 001.jpg|キハ282形2000番台<br/>(2008年4月24日 / 釧路駅)
Image:JRhokaido kiha282-2000+283.jpg|キハ282形 2000番台 + キハ283形の回送<br/>(2000年 / 札幌駅)
Image:Kiha282-2000.jpg|基本編成と付属編成の連結部分<br/>(根室本線 釧路駅)
Image:JRN DC283 Ms282-0 20080424 001.jpg|キロ282形<br/>(2008年4月 / 釧路駅)
</gallery>
 
; ハイブリッド車体傾斜システム試験
: [[2006年]]3月、キハ283系の振子装置と[[JR北海道キハ261系気動車|キハ261系]]の車体傾斜システムを組み合わせた[[振り子式車両#ハイブリッド車体傾斜システム|ハイブリッド車体傾斜システム]]の開発を[[川崎重工業車両カンパニー|川崎重工業]]・[[鉄道総合技術研究所]](JR総研)などと共同で行った。振子装置による6度+車体傾斜装置による2度の傾斜で車体を最大8度まで傾斜でき、制限速度90 km90km/hの曲線を140 km140km/hで通過可能とされている。
: 試験用の台車N-DT283HX形はキハ282-2007に実装され、一般の台車を履いたキハ283系に挟まれた3両編成として[[札幌駅]] - [[函館駅]]間で試運転が行われた。この装置を使っての試験は[[函館本線]]の[[八雲駅]]付近で実施<ref>試験実施区間以外の区間は振子を固定して走行していた。</ref>された。この試験に使用された先頭車は試運転終了後すぐに定期運用に復帰、ハイブリッド台車を装着したキハ282-2007は苗穂工場で元に戻されたのち定期運用に復帰している。
 
本系列は全57両を札幌運転所・釧路運輸車両所に配置し、以下の列車で使用する。
* 特急「スーパーおおぞら」(札幌駅 - 釧路駅)
* 特急「スーパーとかち」(札幌駅 - [[帯広駅]])5・8号
* 特急「スーパー北斗」(札幌駅 - 函館駅)2・7・16・21号
* 「[[ホームライナー]]」([[手稲駅]] - 札幌駅)回4003D
 
本系列はキハ281系と相互連結が可能である。この場合、編成全体の各機能はキハ281系の仕様に合わせて制御され、振子作用時の車体最大傾斜角はキハ281系に合わせた5度となる。実際の運用では、「スーパー北斗」の運用において、キハ281系編成に本系列車両を増結車として組み込む運用が恒常的に行われる。「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の運用ではキハ281系との混結は行わない<ref>これはキハ281系の車両数が少数(27両)であることと、同系列が石勝線・根室本線への乗り入れを想定していないことによる。</ref>。
109

回編集