「全国高等学校野球選手権富山大会」の版間の差分

2013年度版に変更
(2013年度版に変更)
|}
 
*富山県代表は夏の甲子園大会において初戦敗退するケースが多く、49代表制となった1978年・第60回大会以降(但し1998年・第80回大会と2008年・第90回大会は55代表制)初戦突破したチームは延べ89校のみである。又1988年・第70回大会から1997年・第79回大会まで初戦10連敗を喫している。
*過去富山県勢で夏の甲子園大会の最高成績はベスト8進出で、1947年・第29回大会の高岡商、1958年・第40回大会の魚津(準々決勝で[[板東英二]]率いる徳島商と対戦し引分・再試合で敗退)、1967年・第49回大会の富山商、1969年・第51回大会の富山北部、1973年・第55回大会の富山商(6年ぶり2回目)、2013年・第95回大会の富山第一の、延べ56校である。なお、夏の甲子園においてベスト4進出を果たしていないのは、20122013年現在富山県勢と[[全国高等学校野球選手権山形大会|山形県勢]]の2県のみである。
*さらに、夏の甲子園大会で富山県代表の通算成績は20235354敗1分(勝率.272)299)で、20122013年現在[[全国高等学校野球選手権山形大会|山形県代表]]に続いてワースト2位の記録となっている。
 
== 使用される球場 ==
匿名利用者