「セロファン」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 31 件をウィキデータ上の d:q193841 に転記)
セロファンに色をつけたもの。現在日本で発売されているのは「赤・青・黄・緑」の4色である。主な用途は以下の通り。
* 包装材料
* [[色#三原色|加]]の実験。
* [[3次元ディスプレイ#.E3.82.A2.E3.83.8A.E3.82.B0.E3.83.AA.E3.83.95|アナグラフ]]用メガネの自作。
[[1970年代]]までの[[アーケードゲーム]]用[[ビデオゲーム]]の白黒画面を補う為にも使われた。英語ではオーバーレイ(overlay, over=越えて lay=置く)と呼ぶ。これは技術やコストの面からカラーゲームがまだ一般的でなく、また画面レイアウトが単純な為、特定の場所に色セロハンを貼るだけで、十分カラー的な表現が楽しめたからである。色セロハン物で有名なゲームには『[[ブロックくずし]]』『[[サーカス (ゲーム)|サーカス]]』『[[スペースインベーダー]]』などが挙げられ、復刻ゲームや[[MAME]]でもこれらを再現しているケースがある。また[[ベクタースキャン]]式のゲームは、通常のゲームよりカラー化が遅れた為、メーカーによってはもう少し後の時代まで色セロファンを使用していた。
3,683

回編集