「呉権」の版間の差分

テンプレート、本文改変
m (ボット: 言語間リンク 11 件をウィキデータ上の d:q699904 に転記)
(テンプレート、本文改変)
{{基礎情報 ベトナムの君主
{{Infobox 人物
|名=前呉王 呉権
|代数=初代
|画像=
|呼称=王
|画像サイズ=
|画像=[[ファイル:Tượng Ngô Quyền.jpg|200px]]
|画像説明=
|説明=呉権像(唐林、カムラムの呉権廟)
|生年月日=[[897年]][[3月12日]]
|王朝=呉朝
|生誕地=[[唐林]]([[ハタイ省]])
|没年月日在位期間=[[944939年]] - [[1月18日944年]]
|都城=古螺
|死没地=[[古螺]]([[ハノイ|ハノイ市]]ドンアイン県)
|諱=呉権
|職業=政治家、軍人
|字=
|配偶者=不明([[楊廷芸]]の娘)
|諡号=
|廟号=
|生年=[[乾寧]]4年[[26= (旧暦)|2月6日]]<br>([[897年]][[3月12日]]
|没年=[[乾和]]2年[[12月20日 (旧暦)|12月20日]]<br>([[944年]][[1月18日]])
|父=[[呉旻]]
|母=
|配偶者后妃=不明([[楊廷芸]]の娘
|陵墓=
|元号=
|注釈=
}}
{{wikisourcelang|zh|大越史記全書/外紀卷之五|大越史記全書/外紀巻之五}}
'''呉権'''(ごけん、[[ベトナム語]]: '''Ngô Quyền'''、ゴ・クエン、[[897年]][[3月12日]] - [[944年]][[1月18日]])は、[[ベトナム]][[呉朝]]の建国者で、'''前呉王'''と称された。父親は唐林の州牧だった[[呉旻]]。楊廷芸の[[南漢]]に抗する戦争で勇敢に戦い、信頼を得て娘を娶る。南漢軍を撃退した後に楊廷芸より刺史の位を授かり、愛州([[タインホア省]])を治めた。楊廷芸が[[矯公羨]]のために殺されると、呉権は[[937年]]12月に愛州で挙兵して、矯公羨を討った。矯公羨は[[南漢]]に救援を求めた。南漢は万王[[劉洪操]]を静海節度使に任じて、兵を発し、矯公羨を救援させた。劉洪操は水軍を率いてベトナムに侵攻したが、このときすでに矯公羨は呉権に殺されていた。呉権は劉洪操の侵攻を聞いて[[白藤江の戦い (938年)|白藤江で迎撃]]し、これを大いに破った。その後、呉権は王を称した。[[944年]]、世を去った。
'''呉権'''(ご けん、{{lang-vi|Ngô Quyền}}、ゴ・クエン)は、[[ベトナム]][[呉朝]]の建国者。'''前呉王'''({{lang-vi|Tiền Ngô Vương}})と称された。
 
==人物 生涯 ==
[[ドゥオンラム|唐林]](現在の[[ハタイ省]][[ソンタイ]])の州牧だった[[権は長身旻]]がっしりとした体格で、眼光が鋭く、歩くさて生はまるで虎のようであったと言わている。ベトナムの伝説『[[大越史記全書]]』によると、生まれたときに異様な光に包まれていて、背中には大きなあざが三つあったとされる。将来大物になるということで、名を「権」と付けられた。力は一人で[[鼎]]を持ち上げることができるほどだったといわれている。
 
'''呉権'''(ごけん、[[ベトナム語]]: '''Ngô Quyền'''、ゴ・クエン、[[897年]][[3月12日]] - [[944年]][[1月18日]])は、[[ベトナム]][[呉朝]]の建国者で、'''前呉王'''と称された。父親は唐林の州牧だった[[呉旻]]。楊廷芸]]の[[南漢]]に抗する戦争で勇敢に戦い、信頼を得て娘を娶った。南漢軍を撃退した後に楊廷芸より[[刺史]]の位を授かり、愛州(現在の[[タインホア省]])を治めた。楊廷芸が[[矯公羨]]のために殺されると、呉権は[[937年]]12月に愛州で挙兵して矯公羨を打ち破った。矯公羨は[[南漢]]に救援を求められ南漢は万王[[劉操]]を静海[[節度使]]に任じて、兵を発し、矯公羨を救援させた。劉洪操は水軍を率いてベトナム安南に侵攻したが、このときすで時既呉権は矯公羨は呉権にされていた。呉権は劉洪操南漢軍の侵攻を聞いた呉権は[[白藤江の戦い (938年)|白藤江で迎撃]]し、これを大いに破った。その後、呉権は王を称した。[[944年]]、世を去った。
==治績==
[[939年]]、呉権は王位に上がり、[[古螺]](コーロア)の地を選んで都とした。北方の封建朝廷の千年にも及ぶ統治に終止符を打ったのである。
 
[[939年]]、呉権は王位に上り、[[古螺]](コーロア)の地を選んで都とした。北方の封建の千年にも及ぶ統治に終止符を打ったのである。
呉権は北方封建主義の[[節度使]]の廃止を決定し、中央に新しい朝廷を樹立した。王が朝廷の先頭に立ち、政治・外交・軍事の全てを決定することにしたのである。文武の官僚を置き、朝廷内の儀礼と官吏の服装の色を階級に応じて規定した。
 
呉権は北方封建主義王朝[[節度使]]の廃止を決定し、中央に新しい朝廷を樹立した。王が朝廷の先頭に立ち、政治・外交・軍事の全てを決定することにしたのである。文武の官僚を置き、朝廷内の儀礼と官吏の服装の色を階級に応じて規定した。
また地方には功績のある将軍を選んで、重要な各州を治めさせた。[[丁公著]]は驩州([[ゲアン省]]・[[ハティン省]])、[[矯公罕]]は峯州([[フート省]])の刺史となった。
 
また地方には功績のある将軍を選んで、重要な各州を治めさせた。[[丁公著]]は驩州([[ゲアン省]]・[[ハティン省演州|驩州]]、[[矯公罕]]は峯州(現在の[[フート省]])の刺史となった。[[944年]]、古螺で世を去った。
==死後の状況==
[[944年]]、呉権が死亡する。2人の子供、[[呉昌岌]]と[[呉昌文]]はまだ若く、中央の政権を堅持するための威信と力を持っていなかった。そこで官僚の[[楊三哥]]が王位を簒奪し、平王を名乗った。そのため、呉昌岌は逃亡することになる。各党派がいたるところで起ち上がり、国は不安定な状態になった。
 
==人物==
[[950年]]、呉昌文は将兵の支持を得て楊三哥を打倒し、王位を獲得した。その際に兄を招いて共に統治することしたのである。
長身のがっしりとした体格で、眼光が鋭く、歩く様はまるで虎のようであったと言われている。
 
[[965年]]、呉昌文が死去すると、割拠勢力である地方の土豪の間での争いが引き続いた。そのとき、国は12の領袖が各地方を占拠し戦いあう「[[十二使君の乱]]」(~[[967年]])と呼ばれた分裂状態に陥ることになる。
 
==参考文献==
*ファン・ゴク・リエン監修『ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書』《世界の教科書シリーズ21》明石書店、2008年。
 
{{先代次代|[[呉朝]]の初代[[ベトナム帝王一覧|当主]]|初代:939年 - 944年|-|[[楊三哥|平王]]}}
 
{{DEFAULTSORT:こ けん}}
[[Category:ベトナムの君主]]
[[Category:呉朝]]